PHPオンライン衆知 » 生き方 » 経営者なのに経営者に見られない人が陥いる「見た目の失敗」

経営者なのに経営者に見られない人が陥いる「見た目の失敗」

2019年03月01日 公開

安積陽子(あさかようこ)

「すでに成功した人物のように振る舞いなさい」

ニューヨークでは、たとえ成功のラベルを手に入れたとしても、洗練された振る舞いや装い、マナーを知らない人は尊敬されません。ましてや、お金や権力を誇示するだけの成功者は推して知るべしです。

また、成功の階段を上り始めた人であっても、自分のなかに「文化的な資本」つまり"教養"を蓄えていなければ、いつか見えない壁にぶつかるでしょう。

そこからさらに高いレベルに達するには、洗練された振る舞いや、社交上のルールなどを学ぶ必要があるのです。

彼らはそのことに気付くと、印象作りのプロであるイメージコンサルタントのサロンの扉を叩きます。

私たちができることは、彼らが自分の個性や外見と向き合い、それらを自分の資産として捉え最大限に磨き上げるためのお手伝いです。彼らが、どこへ行っても注目を集め、優位な立場に立てるような方法をアドバイスしていきます。

「現在のあなたにふさわしい外見ではなく、次にめざすポジションにふさわしい見た目と振る舞いを実現させましょう」

これは、私がクライアントと初めてお会いした際に、必ず伝えるアドバイスです。

英語では「Fake it till you make it.(成功したかったら、すでに成功した人物のように振る舞いなさい)」。

これを合い言葉のように使います。

あるポジションに対する2人の候補者が同じような能力や実績だった場合、採用されるのは間違いなく、そのポジションにふさわしい準備をしてきた人物です。

私たちはクライアントに、数時間にわたって、表情や立ち居振る舞い、装いに関するトレーニングを施します。

トレーニングのなかでクライアントは、自分の特徴や可能性に気付き、セルフイメージが変わって、佇まいにも変化が現れます。「最高に似合う」と確信したスーツを身にまとった彼らは、まるで「最強の武器」を携えたかのような高揚した表情を見せます。

すべてのトレーニングを終え、サロンを去るその足取りは意気揚々としていて、私はいつも感嘆させられます。

こうして再びビジネスという戦場に戻った彼らは、「準備万端」の状態で、装いや振る舞いを表現できるようになり、次々とチャンスを摑んでいくのです。

実直に自分自身を磨き続ける意識と姿勢があれば、その人の価値や可能性はどんどんと高められていく。それは、これまで接した多くのクライアントが実証しています。

関連記事

編集部のおすすめ

「同じアジア系なのに」中国人が海外で存在感を示す理由

安積陽子(あさかようこ)

スピーチの時間を守れない人に足りない「教養」

佐々木常夫(元東レ経営研究所社長)

「経営者は孤独」の時代は終わったー仲間意識と少数意見を重視する世界の勝者たち

谷本有香(フォーブス・ジャパン副編集長)

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 経営者なのに経営者に見られない人が陥いる「見た目の失敗」

×