ホーム » 社会 » ヘッドハンティング会社会長「コロナ後は優秀な人ほど副業し、企業はそれを止められない」

ヘッドハンティング会社会長「コロナ後は優秀な人ほど副業し、企業はそれを止められない」



2020年05月12日 公開

妹尾輝男(コーン・フェリー・ジャパン会長),鬼塚忠(作家エージェンシー代表)

妹尾輝男(コーン・フェリー・ジャパン会長)

《世界52か国に現地法人を持ち、グローバル企業の幹部を中心にリクルーティングする、世界最大のヘッドハンティング会社「コーン・フェリー」日本法人の代表取締役を昨年8月まで務め、その後も会長職につきながら会社の中枢として活躍している妹尾輝男氏。

本稿では、そんな妹尾輝男氏に、作家エージェントで、かつ自身も『花戦さ』などのヒット作品の著者でもある鬼塚忠さんが、このコロナ禍が去った後、世界はどう変わり、企業から求められる人材はどう変わるかを聞いた》

 

自分の会社と顧客を往復するビジネス慣習は消滅する

鬼塚忠氏は自身も経営者として、コロナ語に求められる人材像を妹尾氏に聞いた
鬼塚忠氏(左)と妹尾輝男氏

(鬼塚)妹尾さん、このコロナ禍で、日本と言わず、全世界はあっという間に変わりましたね。ビジネスに与える損害は甚大です。社会だけでなく、ビジネスを取り巻く環境も大きく変わると思います。どんなふうに変わると思いますか。

(妹尾)今回の新型コロナ騒動は、一過性の現象ではありません。過去、ベルリンの壁の崩壊、リーマンショック、9.11世界同時多発テロが、世界を後戻りできないものに変えました。今回の新型コロナ禍もそれらと同じく、いや、もっと強烈に世界を全く新しいものに変えるでしょう。

具体的に言えば、今まで、世界中のヒト・モノ・カネ・情報がグローバル化に向かっていました。その動きに急ブレーキがかかり、逆戻りします。

そして、テクノロジーへの依存度がますます高くなります。それに伴い、働き方にも大きな変化が現れるでしょう。

(鬼塚)働き方に大きな変化があるのですね。どのように変わるのですか?

(妹尾)まずは、外出自粛と在宅勤務があげられます。もし、欧米諸国のように、都市封鎖が本格的に施行されたら、通勤は全面的に禁止され、在宅勤務以外の働き方はなくなります。

在宅勤務体制にいまだに移行できない企業は、次第に淘汰されていきます。あらゆる分野で変化を見越し、テクノロジーを活用し、素早く実行に移すリーダーと、それを支える体制を持たない組織はさらにどんどん淘汰されていくことになります。

このことは働く人にとっては、職場の概念が大きく変わることを意味します。もはや会社やお客さんの所を行ったり来たりして仕事をする慣習は消滅し、いつでも、どこでも、だれとでも仕事をするのが当たり前とされ、「勤務時間」という概念もなくなり、通勤時間や移動時間がセーブされると同時に「時間外手当」などは当然なくなります。

職場環境を変えないまま「働く時間を短くしよう」というような従来の「働き方改革」は死語と化します。

次のページ
「机を並べて仕事をする」風景はセピア色の思い出になる >



関連記事

編集部のおすすめ

新型コロナが破壊した「既得権益が守り続けてきたもの」

守屋実(新規事業立ち上げプロフェッショナル)&鬼塚忠(作家エージェンシー代表)

コロナショックで迫る大暴落のXデー…“年金”が避けられない苦渋の「大規模売り」

近藤駿介(金融・経済・資産運用評論家)、鬼塚忠(作家エージェンシー代表)

新型コロナで急増した「他人の批判ばかりしている人」に忍び寄る“別の病気”

石川千鶴(ハートフルライフカウンセラー学院学院長)&鬼塚忠(作家エージェンシー代表)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 社会 » ヘッドハンティング会社会長「コロナ後は優秀な人ほど副業し、企業はそれを止められない」