PHPオンライン衆知 » 趣味・教養 » 永遠のライバル、カブトムシ vs. クワガタムシ…生物学者が語る「真の勝者はどちらか」

永遠のライバル、カブトムシ vs. クワガタムシ…生物学者が語る「真の勝者はどちらか」

2020年11月23日 公開

稲垣栄洋(生物学者・植物学者)

 

ナンバー2であることの強み

自然界ではナンバー1でなければ生き残ることができない。

しかし、人間の世界はナンバー2であっても、生き残ることはできる。オリンピックであればナンバー2は銀メダリストとして称えられる。

そのため、人間の世界では「ナンバー2」という存在が価値を持っているのが面白いところだ。

たとえば、カブトムシにやられっぱなしのクワガタムシは、もし同じニッチで戦っていたとすれば、存在することができない。しかし、人間にとってはクワガタムシはカブトムシの永遠のライバルとして人気がある。

世の中には、一番が嫌いな人もいて、巨人という強い球団があると、「アンチ巨人」という集団もできる。

シェアが1位の商品に対しては、シェアが2位の商品も人気を保つのである。

 

ナンバー3以下の昆虫たちの生き残り戦略から「学べること」

クワガタムシでさえもかなわないとすれば、もっと弱い昆虫たちはどうすれば良いのだろう。

これは、もうまともに戦ってはいけない。ナンバー1とナンバー2がしのぎを削って戦っている土俵から、早く逃れなければならないのだ。

そして、激しい勝負が行われている土俵の外にこそ、勝機があるのだ。

カナブンもまた、カブトムシやクワガタムシと同じように木の樹液に集まる昆虫である。

カナブンはカブトムシにもクワガタムシにもかなわない。そのため、カブトムシやクワガタムシが夕方から朝にかけて活動するのに対して、カナブンは昼間にエサ場に集まる。

もちろん、カブトムシやクワガタムシが夜に活動をするのには理由がある。昼間は天敵の鳥がいるので、鳥のいない夜を選んで活動をしているのである。

カナブンの活動する昼間は、カブトムシはいないが天敵の鳥がいる。そのため、カナブンはキラキラと輝く羽で鳥を惑わし、身を守るように工夫している。

自分のいるポジションによって、取るべき戦略が異なってくるのだ。

関連記事

編集部のおすすめ

「明らかに能力の劣った」人類が、ネアンデルタール人に勝てた理由

稲垣栄洋(生物学者)

人類は「海から追い出された敗者」の子孫だった?

稲垣栄洋(生物学者)

トウモロコシは「宇宙からやってきた」植物だった!?

稲垣栄洋(植物学者)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 趣味・教養 » 永遠のライバル、カブトムシ vs. クワガタムシ…生物学者が語る「真の勝者はどちらか」

×