PHPオンライン衆知 » 趣味・教養 » 村上、森下、伊藤、栗林…侍ジャパンが金メダルを獲得できた「決定的な理由」

村上、森下、伊藤、栗林…侍ジャパンが金メダルを獲得できた「決定的な理由」

2021年10月04日 公開

ゴジキ(@godziki_55)/野球著作家

 

プレッシャーを乗り越え全勝優勝

オールプロで臨んだ3度目の五輪となった今大会。メディアや国民からの期待は非常に大きかった。これまで以上に「勝って当たり前」と見られていただろう。

北京五輪で星野仙一氏が言った「金メダル以外はいらない」、まさにそのぐらいの心構えが必要とされたのだ。その中で期待に応え、全勝で優勝という形で締め括れたことは、この上ない結果だ。

また、WBCでもプレミア12でもなく、「五輪」という舞台で、北京五輪覇者の韓国やベースボール発祥の国アメリカに勝って優勝した。間違いなく「日本の野球」を世界に発信することができただろう。

精神的支柱として重責を担い、全試合出場した坂本は、決勝の試合後「本当にタフなゲームがずっと続いていて、今日もすごい緊迫した良いゲームだったのでホッとしました」と安堵のコメント。

「やっぱり簡単には勝たせてくれないなと思ってましたけど、投手力と守備力で、ミス無く試合を運んでいけたので、こういう結果になったんじゃないかなと思います」と試合を振り返った。

最後は優勝を決めるウィニングボールを手に歓喜の輪に飛び込み、「プレッシャーだったり、いろんな重圧のなかでみんなで戦ってきたので。そこは僕たちしかわかりあえないものがたくさんあると思うし、みんなのホッとした顔を見て本当に嬉しかったです」「オリンピックが開催されると決まってから、僕の一つの夢でもあったので、金メダルをとれて感無量です」ともコメントし、喜びを噛み締めた。

この重圧やプレッシャーを乗り越えたからこそ、これまでにない勝者としての喜びを、チーム一体で分かち合えたのだ。

 

関連記事

編集部のおすすめ

侍ジャパンはなぜ強かったのか? 国際大会で勝負を分けた「リーダーの一言」

仁志敏久(横浜DeNAベイスターズファーム監督)

「野球が嫌で大工になろうとした」石毛宏典氏に待っていた“広岡監督と幸せな野球人生”

石毛宏典(元プロ野球選手)

“あの日”から10年…「田中将大、楽天復帰」に元同僚・山崎武司の“偽らざる本音”

喜瀬雅則(スポーツライター)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 趣味・教養 » 村上、森下、伊藤、栗林…侍ジャパンが金メダルを獲得できた「決定的な理由」

×