ホーム » スキルアップ » 「ロジカルシンキング」を身につける方法

「ロジカルシンキング」を身につける方法



2012年04月05日 公開

野口吉昭/HRインスティテュート

《 『30ポイントで身につく!「ロジカルシンキングの技術」』より 》

「ロジカルな人」を探してみよう

 ある人物が参加するだけで議論がまとまる、方向性が決まる、課題が見える。それまでモヤモヤしていた視界がぱっとクリアになり、やるべきことがわかる――。このようなシーンを誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。 

 場の目的を明らかにし、するどく本質をとらえ、すばやくわかりやすい道筋をつけることができる人、それが「ロジカルな人」です。このような人は経験や想いを大切にしながらも、論点を明確にし、枠組みを設定し、事実をもとに考える人です。 

 そして、決してロジックだけを振りかざすことなく、相手の声に耳を傾け、情報と感情をバランスよく取り扱い、納得しあえる答えにつなげることができる人です。 

 

■イチローから「真似ぶ」川崎選手

 ここからロジカルシンキングを習得するためのコツについて触れていきます。

 最初に質問ですが、ロジカルシンキングとは先天的な能力でしょうか? それとも後天的に身につけられるものでしょうか?

 もちろん答えは後者です。当たり前のことのようですが、ロジカルな人を見ると、どうしても「あの人は違うから……」と思ってしまいがちです。

 しかし、ロジカルシンキングは「スキル」です。したがって後から身につけることが可能な能力です。そう考えれば身につけるための方法はとてもシンプルです。

 巷にある“スキル”と呼ばれるものを思い浮かべてください。たとえばゴルフのスイング。うまい人、下手な人、それぞれかと思いますが、上達するには何が必要かというと、「教わること」です。うまい人に教わるから、ゴルフは次第にうまくなっていくのです。うまい人のスイングを、見よう見まねで同じようにチャレンジして、次第に自分のクセがわかって、それを修正して……ということを繰り返すうちに身につくのがスキルです。

 ポイントは「真似る」ことです。

 私たちは「真似る」行為を、学ぶとかけて、「真似ぶ」と呼んでいます。ロジカルシンキングも他のスキル同様、「真似ぶ」ことで身につくスキルです。

 では、具体的に「真似ぶ」とはどういうことでしょう。それは単にロジカルな人を見て、「すごいなー」と思うこととはわけが違います。

 元ソフトバンクホークスの川崎宗則選手がイチロー選手にあこがれて、スイングやバッターボックスでの立ち振る舞い、試合以外の練習方法まで観察して吸収したように、ロジカルな人を見かけたら、「なぜ、この人の話し方はこんなにわかりやすいのか」「なぜ、この人はこのような視点を持つことができたのか」と、「なぜ?」「なぜ?」を繰り返して、具体的に自らに応用できるところまで深掘りして理解する姿勢が必要とされます。

 「すごいなー」で終わる人と、「なぜ?」を考える人とでは、時間がたてばたつほど大きな差が生まれます。スキルは徹底的に「真似ぶ」ことから得られると考えてみましょう。

 

■「つまり何が言いたいの?」と言われていないか?

 では、ロジカルな人とはどんな人でしょうか? 身近な人、有名な人……イメージできる人を思い浮かべてみてください。その際に、先ほど触れたように、自分にも応用できるかもしれない言動にまで細かく落とし込んで特徴をあげてみましょう。こうしてあげられる特徴のことを「コンピテンシー」と呼びます。

 どうでしょう? 特徴があがりましたか? 思考・マインド面と行動・スキル面とに分けてとらえてみると考えやすいと思います。私たちが日々、トレーニングで接する中で、受講される方々からよくあがる意見をもとに整理したものが四三ページの表です。自分で記したものと比較をしてみてください。

 まず、思考・マインド面でいうと、ロジカルな人はポリシーが明確な人が多いといえます。何かやることに対しては、常にゴールイメージにこだわっているのです。

 「ロジカルだと思う有名人は?」と聞いてよくあがる方が、ユニクロの柳井正氏や池上彰氏。ポリシーや伝えたいことが明確な人は、目標を達成するために常に考える習慣があって、余計なことを思わないで済むので、ポジティブでいられるのです。

 一方でロジカルではない人というのは、そもそも目指す目的がはっきりしていないために、判断がブレやすい傾向があります。物事の道筋を選ぶときに、どっちにすればいいかなというブレ以上に、目指すことそのものがブレると、現場は混乱します。

 ここまでは思考・マインド面です。抽象的なので、イメージをしてもらう程度でかまいません。どちらかというと、この思考・マインド面よりも、行動・スキル面のほうが重要です。

 ロジカルな人は「結論から述べるタイプが多く、一文が短い」「物事を整理してとらえていて、データに強い」「経験豊富であり、自信とともに物事を言い切る」―― こういう傾向があります。

 一方でロジカルではない人は、「状況の説明に終始してしまって、つまり何が言いたいのかが相手に伝わりにくい」「経験に乏しく、インパクトのある情報で納得させることができないため、結果的に話が長くなる」「感情的に物事をとらえてしまうことで、語尾をにごしてしまったり、曖昧な表現が増える」という特徴があります。こういう人は、事細かに話さないとわかってもらえないと思うため、状況説明がさらに増えていく傾向があります。

 事実をしっかり伝えれば、相手は理解できますので、端的に事実をとらえて、一文を短く言い切りながら話せばいいのです。

 

■ロジカルな人のメール、ロジカルではない人のメール

 メールの内容や扱い方でもロジカルか、そうでないかは一目瞭然です。ロジカルな人に共通する要素は、まず即レスであることです。たとえば、誰かからメールを受け取った瞬間、次の3つの方向性に仕分けします。

・すぐ判断して返信するか
・自分では解決できないので、他の人に転送(相談)するか
・すぐには判断できないので、その旨返信して、情報収集したのちに回答するか

 メールを読んでおいて「後にしよう…」とそのまま放置、時間がたって、また読み返す……というような段取りはとりません。瞬時に判断することは思考のトレーニングにもなります。加えて、「後で…」と考えてしまうと再度、読み直す必要が生じ、余計な時間を使う原因にもなります。

 そして、メールの文面も「論点(話の主軸となるテーマ)が明確でブレない」「内容が分けて構成されている」「一文が短い。言いたいことが明確」「相手が必要としている情報が事実とともに述べられている」「もし脱線する場合はP.S.などをはさみ、話を区切って示す」など、特徴はよく観察すれば山ほどあがります。

 一方でロジカルではない人は、「レスが遅い」「タイミングにばらつきがある」「何についてのメールかが読み取りにくい(つまり、論点が不明碓)。言いたいことも不明確」「相手が必要としている情報よりも、自分が伝達すべき情報を優先し、感情的に表現されている」「話がフレームで整理されていない」「一文が長い」などの特徴があります。

 ロジカルシンキングを身につける際に必要なのは、スキルである以上、ロジカルな人の言動面に着目して自分と比較してみることが大切です。自分で半ば強制的に行動を変えることで思考を変えるということが、スキルを定着させるうえでとても効果的です。

[ポイント] ロジカルな人の行動を徹底的に真似してみよう!

 

野口吉昭(のぐち よしあき) 野口吉昭

(のぐち よしあき)

株式会社HRインスティテュート代表

横浜国立大学工学部大学院工学研究科修了。現在、株式会社HRインスティテュート(HRInstitute)の代表。中京大学経済学部・総合政策学部講師。NPO法人「師範塾」副理事長。FMヨコハマで「Yokohama Social Cafe」のDJも務める。
主な著書・編書に『遺伝子経営』(日本経済新聞社)『戦略シナリオのノウハウ・ドゥハウ』『コンサルタントの「質問力」』『コンサルタントの「ひと言」力』(以上、PHP研究所)『チームリーダーに必要なたった1つの力』(かんき出版)など多数。

HRインスティテュート

論理偏重ではない「使えるコンサルティング」「実効性のある研修」を柱としたコンサルティング・グループ。1993年設立。
ホームページ:http://www.hri-japan.co.jp
 

◇著者:(執筆者)紹介◇

・三坂 健(みさか・けん)
課題解決コンサルティングチームリーダー。
大手保険会社での法人営業を経て、HRインスティテュートに参画。国内での活動の他、海外事業としてベトナム法人、韓国法人の事業支援を中心に行っており、日本とアジアの往復を繰り返している。早稲田大学エクステンションセンター講師。

・染谷文香(そめや・あやか)
チーフ・コンサルタント。
2児の母親。家事とコンサルタントとを両立させて活躍中。大手エレクトロニクスメーカーでの日欧米向け新商品開発業務の経験を活かし、企業のビジョン&戦略策定、新規事業(商品)立ち上げ、デジタルコンテンツ開発などをサポートしつつ、人材育成&トレーニングにおいても活動している。

・国友秀基(くにとも・ひでき)
チーフ・コンサルタント。
国内大手消費財メーカーをはじめ、様々な業界において長年にわたるコンサルティング、トレーニング実績を有する。クライアントと向き合う真摯な姿勢が支持されリピートも多い。以前は大手クレジットカード会社の人材開発部門に在籍。中京大学経済学部講師。

・東 耕平(ひがし・こうへい)
コンサルタント。
食品関係会社を経て、HRインスティテュートに参画。農業、食、登山を軸にしたLOHAS志向のコンサルタント。NPO法人の運営にも携わり、企業人・学生支援など幅広く活動している。中京大学経済学部講師。


◇書籍紹介◇

30ポイントで身につく!

「ロジカルシンキング」の技術

野口吉昭 監修
HRインスティテュート 著
本体価格 1,400円       

「するどい!」「わかりやすい!」「速い!」と言われる人は知っている「ビジネスパーソン必須のスキル」をコンサルタントが伝授。



関連記事

編集部のおすすめ

会社を出よう! 初心者のための「ノマドワーク」入門

[ビジネスマナー] 好感をもたれるコミュニケーションとは

山崎武也 (ビジネスコンサルタント)

ブログやツイッターの時代だからこそ、問われる文章力

潮田、滋彦 (トゥ・ビー・コンサルティング代表)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » スキルアップ » 「ロジカルシンキング」を身につける方法

×