ホーム » スキルアップ » 怒っている人、厄介な人の上手な取り扱い方

怒っている人、厄介な人の上手な取り扱い方



2015年02月26日 公開

藤井雅子(心理カウンセラー)

自分の指導不足を棚に上げて、部下のせいにする上司

イベント会社で働く新人のEさんは、ある現場で仕事中、上司から「お前、なんで手伝わないんだ!」といきなり怒られました。初めてのイベントで戸惑っていたEさんは、どう動いていいかわからなかったのです。

「みなさん忙しそうだから、声をかけたら悪いと思って……」と答えると、上司は「見ればわかるだろう!」とますます怒り出しました。

ここ数年、企業で管理職研修をすると、部下に対する不満で最も多いのが、「主体性がない」というものです。言われたことはきちんとやるけれど、それ以外のことはなにもしない、というのです。

たしかに、指示を待っているだけの部下に対して、上司が怒りを覚えるのもわからないではありません。でも、Eさんだけに非があるかというと、決してそうとはいえません。

上司のほうは、「言わなくても自分のやることくらいわかるだろう」「この状況を見て察してほしい」という期待があり、部下がそれに応えなかったために怒っているのです。しかし、それは部下に対する甘えです。やってほしいことがあるのなら、具体的な指示を出すべきです。

部下への説明責任を放棄しておきながら、「できないヤツ」と決めつける上司に対しては、自分の状況をきちんと説明して、理解してもらいましょう。

まずは、上司を怒らせたことについて「すみません」と謝ります。そして、「決してわざと怠けていたわけではないんです。

現場に慣れていないので、細かいことに気づいて素早く動くことができず、私も心苦しく思っています。必要があるときには言っていただければ、すぐに動きます」と、自分の状況を率直に伝えて、フオロ-をお願いしましょう。

次のページ
アサーティブな聞き方で突破口を見出す >



関連記事

編集部のおすすめ

あなたの「イライラ」は悪くない! ストレスから身を守るには「怒り」を味方に

関屋裕希(せきや・ゆき/臨床心理士)

【ウザい話し方】話していて「疲れる人」「面倒くさい人」の口ぐせとは 

五百田達成(心理カウンセラー、作家)

怒りをコントロールするアンガーマネジメントの極意

安藤俊介(日本アンガーマネジメント協会代表理事)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » スキルアップ » 怒っている人、厄介な人の上手な取り扱い方

×