ホーム » 生き方 » あなたの「イライラ」は悪くない! ストレスから身を守るには「怒り」を味方に

あなたの「イライラ」は悪くない! ストレスから身を守るには「怒り」を味方に

2018年09月27日 公開

関屋裕希(せきや・ゆき/臨床心理士)

関屋裕希(せきや・ゆき)/臨床心理士、博士(心理学)
<<※本記事は関屋 裕希 著,白井匠イラスト『感情の問題地図』(技術評論社刊)より一部抜粋・編集したものです>>

「嫌いな感情ランキング」の第1位は怒り?

あなた「ご指示いただいた企画書ができたのですが」
上司「なんだ、この企画書は! まず、タイトルがダメだろう。コンセプトもわかりにくい。それから……」(細かいダメ出しが続く)

→(「やりたいようにまとめてみろ」って言ったくせに、ダメ出しばっかりしやがって。それなら最初からそう言えばいいじゃないか。俺の時間返せよ!)

あなた「……という企画を考えました」
同僚A「このターゲット層でうまくいくかなぁ?」
同僚B「他社の製品の分析も甘い気がするけど」
同僚C「コンセプトも、もっと練らないとダメじゃないか?」

→(なんでネガティブなことばっか言うんだよ。みんな俺の企画を通したくなくて言ってるだけなんじゃないの?!)

あなた 「ここまちがってたから、訂正しておいたよ」
若手社員「あ、ほんとですね。これ、課長がギリギリに頼んできたんで」
あなた 「……それから、この表現だとクライアントに失礼になるから、こっちの表現にしたほうがいいと思うけれど」
若手社員「はーい。でも、それって場合によりますよね。」

→(いっつも言いわけするし、ひと言多いんだよなぁ。だんだん注意するのも嫌になってくる!)

上司「今度、新しいコピー機がくるから、だれかコピー機まわりの整理をしといてくれないかな? あ、一番席が近くだから、頼むよ」

→(いっつもいっつも雑用を押しつけて。私だって忙しいのに! 自分の仕事にだってちゃんと時間をかけたい!)

職場のイライラ・怒りは、数え上げるとキリがないかもしれません。
「怒り」「イライラ」と聞くと、あなたはどんなイメージが湧きますか?

「できればあまり感じたくない」
「自分が怒られるのなんて、もっと勘弁!」

たいていは、ネガティブな回答が返ってきます。冷静に判断できなくなって、怒りに任せて行動して、人間関係を壊したり、まわりからの評判を落としたり。「なんであんなことしちゃったんだ……」と自己嫌悪に陥ることもしばしば。「嫌いな感情ランキング」なんてあったら、怒りは栄えある第1位を獲得してしまいそうです。

イヤなことが怒りを生み、怒りがイヤな行動を生み出してしまう(感情の問題地図より)

次のページ
怒り=「大事なものが傷つけられている」サイン このサインを味方につけよう >



関連記事

編集部のおすすめ

「ホントにこれで大丈夫?」「どうなるか心配」不安と向き合うカギは「見える化」

関屋裕希(せきや・ゆき/臨床心理士)

消えない「悲しい気持ち」は、“失ったものが何か”を考えればやわらぐ

関屋裕希(せきや・ゆき/臨床心理士)

暗い気分で下す決断は100%間違っている(名越康文)

名越康文(精神科医)
DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

DRAGON JAPAN 龍の日
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » あなたの「イライラ」は悪くない! ストレスから身を守るには「怒り」を味方に