ホーム » 生き方 » 耐えて頑張る? ポジティブ思考? それがあなたを追い詰めている!

耐えて頑張る? ポジティブ思考? それがあなたを追い詰めている!



2015年12月22日 公開

辻秀一(スポーツドクター、産業医)

「ポジティブ思考」という罠

ポジティブ思考には無理がある

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4569826849/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4569826849&linkCode=as2&tag=phpstore001-22わたしたちは、「頑張らなければいけない」のほかに、もう一つ別の罠に陥っています。それは、「ポジティブでなければならない」という、ポジティブ思考至上主義の罠です。

「すべてポジティブでなければならない」

「ポジティブが正解で、ネガティブはダメ」

という考え方は、実はわたしたちをとても苦しめているのではないでしょうか。

もちろん、後ろ向きのネガティブな姿勢でいることを推奨したいわけではありません。どんな物事にも、ポジティブな要素もあれば、ネガティブな要素もあるでしょう。

たしかに人生は、前を向いて生きていくほうが良いはずです。

しかし、すべてをプラスに考え、ポジティブに受け止めるようにして、いつも前向きでいなければならないとすれば、どうでしょうか?

間違いなく、その生き方は楽しくありません。そんな状態で、健康かつ自分らしくいられて、成果も挙げられるとは、とても思えません。

ポジティブもネガティブも、所詮は人間が勝手に意味づけをしていることなのです

それに気づかず、「ポジティブでなければならない」という思考の罠にはまり、かえって苦しくなったり、つらくなったりしている人が実に多いように、わたしには思えてならないのです。

「朝5時からの早朝出社も“遅い出社”と捉えれば良い」とか、「嫌いな人も好きになれば良い」とか、「長い会議も“短い”と思え」とか、「負けていても“大丈夫だ”と考えろ」とか、「ゴルフでOBを打っても“よかった”と言ってみる」のは、どう考えても無理があるのではないか、と思います。

前向きに生きることを否定しているのではなく、現代にはポジティブ思考至上主義とでもいうべき流れがあるけれど、それにしたがって生きていても、実のところ前向きに生きているわけではないのではないか? ということを申し上げたいのです。

 

ポジティブ思考至上主義が自然体の思考を遠ざけている

赤ちゃんや幼い子どもは、「ポジティブ」などと言わなくても幸せそうです。

「ポジティブ思考でいなければ……」などと言い続けている幼い子どもはいません。

しかし彼らは、毎日ご機嫌で自分らしく生き生きとしています。

そもそも、ポジティブとかネガティブといった考えは、人間が後天的に「意味づけ」した概念にすぎません。

何か問題が起こったときに、あえてポジティブな姿勢で受け取ろうとするよりもあるがままに受け容れるほうが、実は自然体なのです。

あるがままの自然体、すなわちレット・イット・ゴーやレット・イット・ビーで生きるほうが、無理にポジティブであろうとするよりも、よほど力を発揮できるのです。

一体、人間はいつからポジティブ思考の罠に陥ってしまったのでしょうか?

実はこの罠、すなわち呪縛が生まれたのは、人間の脳の進化の一端でもあるのです。

文明の発展とともに脳が発達し、言葉とともにポジティブ思考至上主義の世界を形成していったのです。

正しいか間違いか、善か悪か、仲間か敵か、優か劣か、プラスかマイナスか、ポジティブかネガティブか……。そこには、あるがままの自然体を離れて、人間の創り出した意味づけを刷り込まれた「意味の世界」があります。

ポジティブ思考至上主義こそ、意味の世界の権化のような象徴です。

山もあれば谷もあるもの。それなのに、「山でなければならない」という概念を持ってしまうことで、山にいてもしんどく、谷にいればさらに苦しいと感じる人生を、わたしたちにもたらしているのです。

そう思いませんか?

次のページ
「耐えて頑張る」式の生き方には限界がある >



著者紹介

辻秀一著(つじ・しゅういち)

スポーツドクター、産業医、株式会社エミネクロス代表

1961年、東京都生まれ。北海道大学医学部卒業。スポーツ心理学を日常生活に応用した応用スポーツ心理学をベースに、パフォーマンスを最適化・最大化する心の状態「Flow」を生み出すための独自理論「辻メソッド」でメンタルトレーニングを展開。エネルギー溢れる講演と実践しやすいメソッドで、一流スポーツ選手や企業経営者から熱い支持を受けている。また、ドクターの視点を活かし、「健康経営」という考え方を取り入れた新しい企業の経営のあり方を「産業医」や「健康コンサルタント」として取り組み、フローカンパニー創りに大きな成果を上げている。「辻メソッド」の真髄を学べるワークショップは、一流アスリートやビジネスパーソン、コンサルタント、経営者から大学生や主婦まで、老若男女が参加。毎回大きな感動を呼び、受講者から「世界No.1」との声もあがっている。通信教育で学べるフローマインド・マネジメント資格も好評。さらに、「スポーツは文化だ」という理念のもとプロバスケットボールチーム「東京エクセレンス」を立ち上げ、代表を務める。2013年よりNBDLで2年連続優勝を果たす。著書は、37万部突破の『スラムダンク勝利学』(集英社インターナショナル)、『禅脳思考』(フォレスト出版)、『一生ブレない自分のつくり方』(大和出版)、『自分を敬え。超訳・自助論』(学研パブリッシング)など、約40冊。
辻 秀一 オフィシャルサイト
http://www.doctor-tsuji.com/

関連記事

編集部のおすすめ

「自分を責めてしまう人」が損をしないための方法

片田珠美(精神科医)

何事も「どうにかなる」という鈍感力を身につけよう

佐々木常夫(元東レ経営研究所社長)

思い込みを捨てよう!~「気にしない」習慣

植西聰《著述家》

うつ病を予防する3つの方法

和田秀樹 (精神科医、国際医療福祉大学大学院教授)

適応障害とは――「新しい環境になじめない」人の心の病

岡田尊司(精神科医)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 耐えて頑張る? ポジティブ思考? それがあなたを追い詰めている!

×