ホーム » 政治 » チベット亡命政権の命運~「砂にまぶして」滅ぼしてしまう中国の手法

チベット亡命政権の命運~「砂にまぶして」滅ぼしてしまう中国の手法

2018年01月22日 公開

櫻井よしこ(ジャーナリスト)

チベット
 

チベット 自由への闘い

「砂にまぶして」すべてを食いつくす

中国共産党の侵略は、一定のパターンで行なわれる。侵略は、噓と猫なで声から始まる。目指すべき地に足を踏み入れるや、獅子身中の虫のように一挙に広がる。取れるものは取り、滅ぼせるものは滅ぼしていく。

彼らは、誰を一番先に倒せばいいかを、よく知っている。まず、その社会のリーダー層を一網打尽にすることだ。リーダーを失った民衆は黙ってついてくることを見越している。中国共産党がダライ・ラマ法王を滅ぼしたかったのも、それゆえだ。チベット仏教の聖なる求心力である法王さえいなくなれば、チベット人社会は容易に崩壊すると見ているのである。

中国共産党のもう一つのやり方は、「砂にまぶす」手法である。たとえば内モンゴルの地では、モンゴル民族400万人に対し、漢民族は2000万人もいる。モンゴル民族の5倍もの漢民族が植民してきたのだ。これでは経済も教育も文化も言葉も、完全に漢民族の社会になり、モンゴル人は事実上、抹殺されていく。

日本に置き換えて考えてみよう。現在の日本で、まず皇室が何らかの手段で倒され、神社や寺院などの多くが破壊され、日本人の5倍の6億人の漢民族が入植してきたら、日本社会はどうなるか。日本人にとって、想像もしたくない凄惨な状況が生まれ、もはやこの国は、日本ではありえないだろう。

中国共産党の支配下に置かれた周辺民族は、現実にそのような悲劇に見舞われている。

チベットではチベット仏教が厳しく弾圧されている。東トルキスタンではイスラム教がテロと結びつけられ、激しい迫害が続いている。草原の民であった内モンゴルのモンゴル人たちは、草原を奪われ、漢民族のなかに埋没させられようとしている。民族の誇りが根こそぎ奪われ、それに抵抗する者は圧倒的な力で物理的に粛清・鎮圧されていく。

他文明の誇りを地に叩き落とし、少数民族を数倍の漢民族の砂漠に放り込み、「砂にまぶして」滅ぼしてしまう中国の手法はまさに悪魔的だ。
 

アメリカは中国共産党の真の怖さを理解しているか

中国共産党に対して、アメリカの対応は必ずしも一貫していない。

2017年2月13日、私は一年ぶりにロブサン・センゲ首相と語り合った。そのとき、米中関係、大国同士の思惑のなかで、力の弱い民族がどのように翻弄されるか、私は初めてその冷厳な話を聞いた。かつてアメリカは、チベット人を沖縄の嘉手納基地はじめ自軍の基地で訓練し、中国共産党の人民解放軍と戦わせるためにチベットの地に送り込んでいたというのだ。

アメリカは、チベットを侵略した中国と朝鮮戦争で戦い、ベトナム戦争でも戦った。現在も世界の覇権をめぐって争いつづけている。表面に現われずとも水面下の争いは様々な形で続いている。

しかし、大国同士、利害が一致すれば、それまでの争いは直ちにやめ、何食わぬ顔で握手する。そんなことが起きたのが1971年だった。ニクソン政権の国務長官、キッシンジャー氏の訪中と、それに続くニクソン大統領の訪中によって、アメリカのチベット政策は一変し、チベットへの支援が打ち切られたというのである。

当時のアメリカの最大の敵、ソ連を孤立させるために、アメリカは中国共産党と手を結んだ。その結果、確かにソ連は崩壊に至ったが、一方で中国共産党は、改革開放路線の成功もあってますます強大になり、現状の危機を招くこととなった。

中国は、もはや軽々に対処できる相手ではない。結果として、チベットや東トルキスタンをはじめ、中国の周辺民族への迫害は続き、悲劇が繰り返されている。その意味では、アメリカ大統領がいまなおダライ・ラマ法王に面会するのは、罪滅ぼしのためかとさえ思う。

アメリカは、中国共産党の真の怖さ、彼らの実態、正体を、とことん理解していないのではないかとも思う。清朝時代の中国に、アメリカから多くの宣教師が渡った。彼らは宣教師でありながら、様々な貿易に手を染めて巨万の富を築き、幅広い、層の厚い人脈を築いた。アメリカにとって中国は、往時もいまも、魅惑的なビジネスの場でありつづけている。

アメリカの一部の人びとは常に、より深いシンパシーを、日本よりも中国に感じてきたと思う。現在でも、それは基本的に変わらないのではないか。
 

チベット亡命政権の命運はチベット民族の命運

アメリカの中国への態度が読み切れないなかで、チベットや東トルキスタン問題に救いの手を差しのべるのは容易ではない。

チベット人やウイグル人、モンゴル人に民族の自由を、と主張しても、彼らの暮らす地にすでに入植している漢民族をどうすることができるだろうか。彼らを追い出すことの難しさは、イスラエルとパレスチナの戦いを見てもよくわかることだろう。

「砂にまぶされた」民族を、もう一度民族として建て直すのは困難を極める。

国際社会はできるかぎりの援助をすべきだが、中国共産党の根本的戦略を変えさせなければ、事は動かない。だが彼らは、チベットを核心的利益と位置づけている。その考えや戦略を変えさせるには、恐らく戦争に訴えるしかないだろう。となれば、どの国も二の足を踏む。

民族の存続の難しさを想う。他民族の支配下に組み込まれ、自分らしさを失い始めたら、危機を乗り切るのは相当な困難を伴う。

だからこそ、ダライ・ラマ法王やロブサン・センゲ首相が率いるチベット亡命政権が尊いのである。彼らは、チベット人の宗教、文化、言葉が滅びないように、その灯火を守ろうとしている。亡命政権が滅びれば、チベット民族も実質的に滅んでしまいかねない。チベット亡命政権の命運は、間違いなく、チベット民族の命運である。私たちがチベット亡命政権を何としても支えなくてはならない理由もここにある。

※本記事は、櫻井よしこ著『チベット 自由への闘い』(PHP新書)より一部を抜粋編集したものです。

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

関連記事

編集部のおすすめ

中国の覇権戦略に、日本はどう立ち向かうのか

櫻井よしこ(ジャーナリスト)

中国の独裁体制崩壊を見据えた習近平の野望

丹羽宇一郎(公益社団法人日本中国友好協会会長)

中国はトランプの「強いアメリカ」に完全に敗れる

日高義樹(ハドソン研究所首席研究員)


WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 政治 » チベット亡命政権の命運~「砂にまぶして」滅ぼしてしまう中国の手法