ホーム » 仕事の心得 » プロ棋士・羽生善治の「勝利の思考法」

プロ棋士・羽生善治の「勝利の思考法」

2018年01月05日 公開

羽生善治(将棋棋士)

『100年インタビュー 才能とは続けられること』より

今日勝つ確率が高いというやり方は、10年後には一番リスクが高くなるといえるでしょう。時代に取り残されて、進歩していないことになってしまうからです。
目の前の勝利は、とても大事なことではあるけれど、私はあえてリスクをとる。
たとえ結果がついてこなくても、自分なりの発見や、得るものがあれば、それは自分が充実することであり、とてもうれしいことです。

 

どんなときもあせらず冷静に

プロ棋士たちの実力というのは、じつはあまり差がなくて、いつもギリギリのところで戦っています。対局後に行われる感想戦で、互いの読み筋などを語り合う時間があるのですが、そこで大きな食い違いや、開きを感じることはほとんどありません。

では勝敗を決める差は何かといえば、精神力が大きいのではないかと思います。重要な局面になればなるほど、精神力が勝敗を左右する。

人間には二通りの考えがあると思うのです。不利な状況を喜べる人間と、喜べない人間。

将棋の対局にピンチはつきもので、頭の中で考えている90パーセントは自分にとって不利な局面です。

私もやはり落ち込みますが、相手の棋風や出方を考えることよりも、冷静に、そして自分のペースを守ることのほうに神経を集中させます。

たとえ不利な局面でも、あまり落胆せずに淡々と指していく。ここが勝負のツボを見いだすポイントで、逆転に必要な直感やひらめきを導き出す道筋となるのではないかと思っています。

 

集中するために空白の時間をつくる

集中力というのは、人に教えてもらったり聞いたりして身に付くものではありません。集中できる環境を自らつくりだすことが大事だと思っています。

私の場合、集中するために、対局前は必ず頭を休ませます。人によっては、将棋の研究をして将棋づけになっている人もいますが、私は頭の中を空っぽにし、ボーッとできる空自の時間をつくるように心掛けています。

窓の外の風景を眺めたり、将棋とは関係ない本を読んだり、散歩をしたり、音楽を聴いたり、とにかく頭の中に空きスペースをつくり、将棋のことは一切、切り離します。

対局の数が非常に多かったりすると、いかに将棋に集中するかより、いかに日常生活に戻るかということに重点をおくほどです。

それと集中力を持続させるために必要なのが、体力です。

将棋は盤の前に座ってただひたすら考えているだけで、体を激しく動かすこともしませんから意外に思われるかもしれませんが、対局中はとても体力を消耗します。一局を戦い終わると、私なんかは体重が2~3キロ落ちています。

2日にわたって行われるタイトル戦になると、持ち時間が九時間という長丁場です。対局中、考える力はまだ残っているのに、体力がもたなくて最後まで頑張りきることができなくなってしまうこともあるくらいなんです。

 

感情は無理に押しころさず自然に受け止める

当たり前ですが、常に、対局では自分の考えている通りにはなりません。

意表をつくような手がきたり、思いがけないことが起こるのは日常茶飯事で、驚天動地な一手が現れたということでもない限りは、気持ちをすぐに切り替え、その局面でどうするかを考えます。

しかし、上手くいかないときには、自分に腹が立つ感情も生まれます。良くないことですが、ただ、その沸き上がる感情があるからこそ、いろんな発想やアイディア、集中力、し瞬発力を生むことがあります。だから私は、一概に、サイボーグのように感情を全部排除してやるのがいいとは思っていません。

むしろ、感情があることをごく自然なことだと受け止めて、それをどう変換させていくかが大切だと思います。

感情というものは、人為的にどうこうできるものではありません。ここは怒らないでおこうとか、今は楽しい気持ちでいようとか、悲しい気持ちでいようとかのように、感情は調節ができるわけではないですから。

なので私は、起爆剤のようにその感情を利用しようとしています。それが深い集中力を生んだり、モチベーションを生んだりすることもあります。たぶんアスリートも、そういった気持ちの高ぶりが、大きな瞬発力を生んだりするということが、あるのではないでしょうか。

冷静さはとても大事な要素だとは思いますが、一概にその気持ちや感情の変化が全部が全部、マイナスになることはないのです。そうなったときは、感情を無理に押しころしてしまうのではなく、その場面、その場面でちゃんと受け止め、そこから自分がどうしていくかを前向きに考えていくことが、本当に大切なことではないかと思っています。

 


書籍紹介

才能とは続けられること

羽生善治 著  
本体価格1,100円    

前人未踏の7冠王を達成して以来、常にトップクラスを維持。40歳で通算タイトル獲得数歴代1位タイに輝くプロ棋士が、自らを語る。各界一流のプロの半生をインタビューで解き明かす人物ドキュメント、NHKBSプレミアムで放送中の「100年インタビュー」。番組で語られた珠玉の言葉の単行本化。(第5弾)


癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

羽生善治(はぶ・よしはる)

将棋棋士

1970年、埼玉県生まれ。二上達也九段門下。85年、中学3年生のときにプロ入り。89年、19歳で初のタイトル竜王を獲得。96年、史上初のタイトル7冠(名人・竜王・棋聖・王位・王座・棋王・王将)を果たす。2017年、永世7冠を達成。18年、国民栄誉賞受賞。著書に、『決断力』『大局観』(以上、角川書店)、『直感力』『捨てる力』(以上、PHP研究所)など。

関連記事

編集部のおすすめ

「たった5%」の情報でも、仮説を立てて即断即決する

羽生善治(将棋棋士)

藤井聡太 史上最年少プロ棋士の覚悟 

藤井聡太(将棋棋士)

箱根駅伝連覇を成し遂げた奇跡の成長メソッド~原晋・青山学院大学駅伝チーム監督

マネジメント誌「衆知」


WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 仕事の心得 » プロ棋士・羽生善治の「勝利の思考法」

×