ホーム » 生き方 » あなたの「イライラ」は悪くない! ストレスから身を守るには「怒り」を味方に

あなたの「イライラ」は悪くない! ストレスから身を守るには「怒り」を味方に



2018年09月27日 公開

関屋裕希(せきや・ゆき/臨床心理士)

怒り=「大事なものが傷つけられている」サイン このサインを味方につけよう

けれど、筆者にとっては、怒りは「感情ってスバラシイ!」と思わせてくれるきっかけになった感情です。なぜかというと、怒りという感情にも、大事な機能があるからです。

怒りの機能。それは

「自分の大事なものが傷つけられている! 守るために行動したほうがいいよ!」

と教えてくれることです。たとえば、友人からプレゼントされたかばんにジュースをかけられたら腹が立つけれど、「そろそろ買い換えようかな」と思っていたかばんだったら、そこまで腹は立ちませんよね。大事なものだからこそ、腹が立つのです。

この感情、私たちが森で暮らしていたころには、「命」を守ってくれていました。自分の命、家族や群れの命、自分の住んでいるところを獣に襲われたとき、怒りが危険を知らせてくれ、反撃することで、私たちは生き延びてきたのです。言い換えると、自分の守っている境界線を越えて領域(テリトリー)が侵害されているときに起こる感情ともいえます。

怒りを引き起こす「大事なものリスト」(感情の問題地図より)

次のページ
あなたのこんなものが傷つけられていませんか? >



関連記事

編集部のおすすめ

「ホントにこれで大丈夫?」「どうなるか心配」不安と向き合うカギは「見える化」

関屋裕希(せきや・ゆき/臨床心理士)

消えない「悲しい気持ち」は、“失ったものが何か”を考えればやわらぐ

関屋裕希(せきや・ゆき/臨床心理士)

暗い気分で下す決断は100%間違っている(名越康文)

名越康文(精神科医)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » あなたの「イライラ」は悪くない! ストレスから身を守るには「怒り」を味方に