ホーム » 趣味・教養 » なぜダ・ヴィンチは数学に熱中したのか? 歴史に見る数学と美術の関係 

なぜダ・ヴィンチは数学に熱中したのか? 歴史に見る数学と美術の関係 

2019年02月07日 公開

瑞慶山香佳(ずけやまよしか:数学画家)

セザンヌ、エッシャー、ダリの絵画に息づく数学

ところで、ルネサンス期の後、数学と美術の距離はどんどん遠ざかって行ったのか、というと、実はそうでもありません。美術家たちは、たびたびかたちの本質についての思索を深め、それを表現しようとします。

その際には数学の視点が重要なポイントになることがあります。

特に、かたちを一般化し、かたちの本質を捉えようといった視点は、絵を描くときにも重要です。

ポール・セザンヌは複雑な自然のかたちを円筒、立方体、円錐で捉えるように別の画家にアドバイスしていました。

また、ヴァシリー・カンディンスキーやパウル・クレーは、数学的・幾何学的な考察も視野に入れた上で、線や点を独自の視点で定義しながら作品を制作していました。ルネサンス期の後も、数学の視点は美術の中に静かに息づいているのです。

また、ときには数学の発展と呼応するようなかたちで、数学をモチーフとした作品が作られることもありました。

マウリッツ・エッシャーは当時の最先端の数学や物理学の考え方をもとに様々な作品を作りました。エッシャーの作品には数学の考え方そのものを作品で表現しようという試みも見られます。

サルバドール・ダリはシュルレアリスムの画家として知られていますが、数学をモチーフにした作品も描いています。

ダリの最後の作品のタイトルは『ツバメの尾(TheSwallow's Tail )』。数学で扱う"ツバメの尾"というかたちをモチーフにした作品です。

ツバメの尾(瑞慶山香佳)

数学者ルネ・トムのカタストロフィー理論に着想を得て描かれました。また、ダリはこのほかに超立方体をモチーフにした作品も描いています。

数学者だけでなく美術家たちもかたちについての思考を重ね、ときには数学の視点を取り入れながら、かたちとは一体何なのかを探りながら表現しているのです。



関連記事

編集部のおすすめ

この"絵"を「数式で表す」とどうなるか? 数学画家が描く意外なアート

瑞慶山香佳(ずけやまよしか:数学画家)

ルネサンス期の画家がこぞってマリアの《受胎告知》を描いた理由

高階秀爾(美術評論家・美術史家、大原美術館館長)

数学はアートを創造できるか?世界的権威が語る展望

マーカス・デュ・ソートイ(オックスフォード大学数学研究所教授)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 趣味・教養 » なぜダ・ヴィンチは数学に熱中したのか? 歴史に見る数学と美術の関係 

×