ホーム » スキルアップ » 「大事なので2回言いました」が発揮する意外な効果

「大事なので2回言いました」が発揮する意外な効果

2019年03月06日 公開

犬塚壮志(士教育代表取締役)

犬塚壮志

<<幾度となく伝えているのに、何度も同じ説明を繰り返させられるーー。それは相手の記憶力に問題と片付ける前に、自分自身の伝え方を変えれば改善される可能性がある。

元カリスマ予備校講師の⽝塚壮志⽒が自分の話が相手の記憶に残すためには、「リピート」を上手に使うことを提唱している。具体的に「リピート」をどう活用すべきかを伝える。>>

 

何度も同じ話を繰り返さなければいけない苦痛

「ついこのあいだ、話したばっかりなのに…」

職場などでこんな経験はないでしょうか?

会議やプレゼンだけでなく、単純な会話などで伝えたことが、一切覚えてもらっていない。そして、また同じ話をし直さなければならない。

そんなコミュニケーション上の二度手間が発生した経験は一度や二度ではないはずです。話し直さなければならないならまだしも、誤った伝わり方をしてしまったがために、取り返しのつかない大きなミスにまで発展する。

多かれ少なかれ、こういった「一回話したはずなのに、覚えてもらっていない」経験をした方は多いのではないかと思います。

私はもともと大学受験の予備校講師をしていました。ですので、一週間前の講義で話したことが、生徒の頭の中からすっぽり抜け落ちてしまってることは何度もありました。

その度に、もう一度、一から同じ説明をする羽目になるのです。こういった経験をしょっちゅうしたので、次第に、「どうにか1回の説明で、すべて伝わりきらないだろうか?」、そう考えるようになったのです。

次のページ
記憶に残りやすい「話し方」の構成要素 >



関連記事

編集部のおすすめ

「結局、何が言いたいの?」話が長くてつまらない人の共通点

犬塚壮志(士教育代表取締役)

たった10分の校長先生の話が「苦行」だった理由 “話の長い人“にならないコツ

犬塚壮志(士教育代表取締役)

話の"間"を恐れてしゃべり続ける人の心理

犬塚壮志(士教育代表取締役)

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » スキルアップ » 「大事なので2回言いました」が発揮する意外な効果

×