ホーム » 生き方 » "健康にこだわりのない"元愛煙家が、それでも煙草をやめた理由

"健康にこだわりのない"元愛煙家が、それでも煙草をやめた理由

2019年03月13日 公開

森博嗣(もりひろし:作家)

森博嗣はなぜ煙草を吸わなくなったのか?
(写真:森博嗣)

<<『すべてがFになる』「Vシリーズ」などで著名な工学博士にして作家の森博嗣(もり・ひろし)が発表したエッセイ『なにものにもこだわらない』。

本作では、森博嗣氏が国家公務員としての大学教員の職を捨てて作家専業になったエピソードをはじめ、同氏の「こだわらなさ」が存分に著されている。

同書のなかで、多くの人が「生」や「健康」にこだわる姿に首を捻りながらも、本人はもう「煙草を吸う気がない」と語る。その理由を語った箇所を同書の一節より紹介する。>>

※本稿は森博嗣著『なにものにもこだわらない』(PHP研究所刊)より一部抜粋・編集したものです。
 

「生」や「健康」への拘り

生きている間にも、「生」に拘る人たちがいる。この場合、それは「健康」と呼ばれる。

現代人の多くが、健康に拘りを持っているのではないだろうか。

貧しい時代には、生きているだけで充分だった。食べるものがあれば充分、寝る場所があれば充分、と考える。豊かな社会になり、食べるものも寝る場所もいちおう確保された。

次にみんなが手を伸ばしたのが「健康」なのだろう。

これは、拘っている人が本当に多いように観察される。僕の奥様も、TVや雑誌で取り上げられた健康グッズやサプリメントを試してみないと気が済まない人だ。

それほど拘るわりに、一つのものが長続きしない。次から次へとシフトしていく。つまり、まえのものは効かなかった、ということだろうか。そもそも、これが効きます、というものが本当に存在するなら、これほど新しいアイテム、健康法が続々と登場するはずがない。

大雑把な話をすると、生きる目的が健康である、というのは、堂々巡りの理屈のようで、僕は首を傾げるばかりである。

たとえば、常に自身を正常に保つ機械や、ハングアップしないように、あらゆるセキュリティを完璧に実行するコンピュータがあったとしても、それがいったい何の働きをするのか、という点が問題になる。

存在するだけで、存在価値があるのだろうか。人が健康に拘る姿勢というのは、それと同じでは?

生きるなら、生きて何かした方が良くないか、ということである。

ただ、今一つ自分でもよくわからない。もしかしたら、生きるだけでも楽しいのかもしれないし、たとえ錯覚だとしても、本人が楽しければ、それで良いではないか、という理屈は正しいだろう、きっと。

若い人が健康に気をつけるのは、これからの人生の基盤をしっかりとさせておきたい、という意欲の一つとして受け止めることができる。でも、年寄りが今さら「健康が生き甲斐だ」といいだしても、僕はぴんとこないという話。

次のページ
禁酒と禁煙 >



関連記事

編集部のおすすめ

小説家になった国家公務員 仕事を辞めて手に入れたもの

森博嗣(もりひろし:作家)

死に追い詰められた大学教授が熊野を目指した理由

金山秋男(明治大学法学部教授)

千葉雅也 禁煙ファシズムから身体のコミュニズムへ

千葉雅也(立命館大学准教授)

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » "健康にこだわりのない"元愛煙家が、それでも煙草をやめた理由

×