ホーム » 生き方 » 「戦国武将・真田家の末裔」で「国際金融論の専門家」が大切にする”先祖の教え”

「戦国武将・真田家の末裔」で「国際金融論の専門家」が大切にする”先祖の教え”

2019年06月03日 公開

真田幸光(真田信之末裔、愛知淑徳大学教授)

 

情報分析を支える子どもの頃の教え

私は普段、経済や国際情勢についての分析を、メルマガやオンラインサロンなども使って発信していますが、そこでは、現状分析に留まらず、さらにその先まで話をするようにしています。

現状認識で自らの立ち位置をつかみ、目標に対して何ができていて、何ができていないのか、それらを明確にして、できているものはさらに伸ばす。一方で、できないことについては、できない理由を探り、その理由を省き、できるようにする。

それらを踏まえて導き出したさまざまな戦略、予測をお伝えするようにしているのです。

これも「情勢収集」→「収集情報から分析」→「分析から結論を出す」→「結論から行動」→「行動の結果に責任を取る」という、子どもの頃に厳しく教えられたことが大きく影響しています。

もう一つ、私の物事の見方の根底には、そもそも人間というのは、本能的には、たとえ他の人が滅びても自分は生き延びたいと考える動物である、と考えがあります。

理性では、「いやいや自分だけがよいというだけではいけない」「みんなもいっしょに繁栄していこう、みんなもいっしょに生き延びられるようにしていこう」と考えるのですが現実には生きるか死ぬか、究極の選択を迫られたときには、やはり本能が勝り、たとえ他の人を滅びぼしても、自分は生き延びる、そういう選択をすることがあると思います。

ですから、どうすれば、そうした究極の選択をしなくてすむか、いかにその前の段階で、みんなで共存共栄できるような道を見出せるか――そうした視点で、世の中の動きをお伝えすることを心がけているのです。



関連記事

編集部のおすすめ

戦国大名・上杉家と「惑星探査機はやぶさ」の意外な関係

上杉邦憲(上杉家17代当主)、真田幸光(真田信之末裔)

真田信之の末裔に今も伝わる「真田家の家訓」と「伝統のクルミ」

真田幸光(愛知淑徳大教授/真田信之末裔)

ケニアの子が全員「習近平」を知っている? 現地で見た中国企業の攻勢と日本企業の奮闘

真田幸光(愛知淑徳大教授)
東京・京都で開催! 大杉日香理先生トークセミナー 3年先の未来を創る2020年の過ごし方

アクセスランキング

東京・京都で開催! 大杉日香理先生トークセミナー 3年先の未来を創る2020年の過ごし方
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 「戦国武将・真田家の末裔」で「国際金融論の専門家」が大切にする”先祖の教え”