ホーム » 生き方 » エリート社員の道を捨てバスケに賭けた夫…妻の言葉「応援する」の真意

エリート社員の道を捨てバスケに賭けた夫…妻の言葉「応援する」の真意

2019年11月29日 公開

山田清機(ノンフィクション作家)/人物撮影:尾関裕士

藤澤潔(パラアスリート:車椅子バスケットボール)

2020東京パラリンピックで最も注目される競技の一つが、車いすバスケだ。充実した戦力と層の厚さから、早くも日本の金メダル有力候補とも言われる。

2019年11月22日から24日の3日間にわたり開催された国際車いすバスケットボール大会「北九州チャンピオンズカップ」(北九州CC)において、京谷和幸ヘッドコーチ率いる男子U23日本代表は2大会ぶりの優勝をはたした。

一方で、代表争いは熾烈を極めている。リオパラリンピック代表に選ばれた藤澤潔(1986年、長野県生まれ。埼玉ライオンズ/コロプラ所属)選手もメンバー入りを目指す一人だ。

藤澤選手は5歳のとき、跳び箱から落ちて脊髄を損傷し、車いすの生活となる。中学2年で体験会への参加をきっかけに車いすバスケットボールを開始。高校1年のとき、本格的に車いすバスケを始め、2005年、世界ジュニア選手権大会への出場をきっかけにパラリンピックを目指し始める。

代表経験の多い藤澤選手だが、妻とふたりのこどもがいる。家族の理解は得られているのだろうか。本稿では、藤澤選手の知られざるエピソードを紹介する。

※本稿は、山田清機著『パラアスリート』(PHP研究所刊)の内容を編集したものです。

 

パラスポーツの花形「車椅子バスケットボール」

不敵な髭面に、サイドだけを刈り上げたベリーショートスタイルの髪型。車いすバスケットボールの強豪チーム「埼玉ライオンズ」に所属する藤澤潔は、リオパラリンピックに出場した日本を代表する車いすバスケの選手であると同時に、その"ちょいワル風"の風貌が女性誌でフィーチャーされるほどの人気選手でもある。

2018年5月19日、20日の両日、東京都調布市にある武蔵野の森総合スポーツプラザで開催された天皇杯第46回日本車いすバスケットボール選手権大会。この大会は、国内における車いすバスケの最高峰の大会であると同時に、今年は二重の意味で特別な大会だった。

ひとつは、この年から優勝チームに天皇杯が下賜されることになったこと、もうひとつは会場の武蔵野の森総合スポーツプラザが、2020年の東京パラリンピックで車いすバスケの試合会場に決定したことである。

私は車いすバスケの試合を観るのは初めてだったが、パラスポーツの花形と呼ばれる車いすバスケはさすがに競技レベルも人気も高く、これまで観てきたいくつかのパラスポーツの大会との"格の違い"を感じずにはおれなかった。

アリーナの入り口では、スポンサー企業による車いすバスケの体験コーナーが設けられていた。ひとつは三菱電機のブースで、こちらは競技用の車いすに乗ってシュートを実体験するもの。

もうひとつはサントリーのブースで、やはり競技用の車いすに乗りVRのヘッドセットを着けて車いすバスケの試合を仮想体験するものだ。

体験コーナーを通り抜けるとアリーナ席があり、その真ん中にメインアリーナがある。DJ風のスポーツMCが選手紹介や実況を担当し、試合が中断すると大音量でダンサブルな音楽が流れる。巨大な液晶パネルに観客の顔を映し出していく演出は、以前平昌パラで観たパラアイスホッケーの試合とよく似ている。

ハーフタイムにはBリーグ(プロのバスケットリーグ)の「名古屋ダイヤモンドドルフィンズ」のチアリーダーによるハーフタイムショーも披露され、この大会が障がい者のリハビリテーションの延長上に位置する特殊な大会ではなく、あくまでも一般のスポーツ大会と同じ大会であることを象徴しているようだった。

試合内容も文句なしにそれを裏打ちするレベルであり、エンターテインメントとしても一級品であることは間違いなかった。

午前中に開催された1回戦の段階で、アリーナ席のほぼ半分が、2階席も3分の1ほどが埋まっていた。車いすバスケはパラスポーツのなかで〝客を呼べる〟数少ない種目のひとつであり、それゆえに独特の緊張感が漂う世界でもあった。

2018年5月19日、12時15分。サブ・アリーナで始まった「埼玉ライオンズ」対「福岡breez」の試合会場で藤澤潔の姿を探した。

次のページ
車いすバスケだけやりたい >



関連記事

編集部のおすすめ

両目の見えない女性に“即プロポーズ”…8年待ち続けた男性の「本心」

山田清機(ノンフィクション作家)/人物撮影:尾関裕士

「右腕の切断」を宣告された少年に起きた“奇跡”

山田清機(ノンフィクション作家)/人物撮影:尾関裕士

浮気夫が突きつけた離婚…“前向きな”妻が取り違えた「現実」と「願望」

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)
DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

DRAGON JAPAN 龍の日
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » エリート社員の道を捨てバスケに賭けた夫…妻の言葉「応援する」の真意