ホーム » 生活・健康 » 夫の咳が止まらない…原因はウイルスではなく「予想外の糖尿病」だった!

夫の咳が止まらない…原因はウイルスではなく「予想外の糖尿病」だった!



2020年02月19日 公開

マルコ

うちの夫が糖尿病になっちゃった

<糖尿病は中高年の病気だと思っている方は多いのではないでしょうか。しかし、必ずしもそうではありません。

不摂生をしていたものの、若いうちに糖尿病になってしまった夫を気遣い、夫婦で糖尿病克服を目指している妻マルコさん。そんな日々の体験を伝えるマンガブログは月間200万PVにも到達するほどの人気。

本稿では、そのブログをコミックエッセイ化した書籍『うちの夫が糖尿病になっちゃった! ズボラ夫が血糖値を下げた方法』より、その内容を一部要約・抜粋し紹介する>

※本稿はマルコ著 『うちの夫が糖尿病になっちゃった! ズボラ夫が血糖値を下げた方法』を要約・抜粋の上で編集したものです。

 

謎の咳が止まらないズボラ夫…風邪かと思っていたら大変なことに…

ある日のこと。夫が謎の咳をし始めました。夫は風邪を引いたかなと言い出しました。

正直「少しめんどくさいさいな。」と思い、私たちはそのまま"風邪"と思しきその咳を放置してしまいました。

ところが、1カ月経っても一向に治らず。むしろ夫の咳の音に家族が慣れてしまった頃、夫が突然言い出したのです。

「マルコ……オレは結核で死ぬかもしれない」

夫がした咳に血が混じっていたというのです。結核といえば、昔は「不治の病」とも言われていましたが、現代では治療法もあり、死ぬことはまずありません。

しかし、夫の口から「結核」「死ぬかもしれない」などという予想外の言葉が発せられたとき、マルコのアタマの中に、それまで感じたことのない不安と衝撃が走りました。

次のページ
咳と糖尿病には密接な関係があった >



関連記事

編集部のおすすめ

「生死を左右する爆弾」を抱えてしまった夫…不摂生が次々と引き起こす"怖い病気"

マルコ

耳たぶにあらわれる動脈硬化、糖尿病のサインとは?

石原結實(医学博士、イシハラクリニック院長)

知らないと怖い糖尿病の話…日本人は糖尿病にもっと危機感を!

宮本正章(日本医科大学付属病院再生医療科 教授・部長)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生活・健康 » 夫の咳が止まらない…原因はウイルスではなく「予想外の糖尿病」だった!

×