ホーム » 社会 » 「インフルエンザとコロナは見分けがつかない」 インフル専門家が抱く”秋冬への危機感”

「インフルエンザとコロナは見分けがつかない」 インフル専門家が抱く”秋冬への危機感”



2020年08月31日 公開

石田直(日本感染症学会インフルエンザ委員会委員長)&吉澤恵理(医療ジャーナリスト)

石田直(日本感染症学会インフルエンザ委員会委員長)

2020年7月から8月にかけて都内では新型コロナウイルス感染者が400人を超える日もある状況だったが、政府は『第二波』とは認めず。これに対し医師会が『第二波である』と見解を出し、政府と医師会の見解が割れた瞬間もあった。

しかしながら東京の400人超えから大阪、沖縄など地方都市での感染増加、さらには感染者ゼロだった岩手県でも感染者が出るなど感染は確実に拡大した。7月22日からは東京を除く地域でのgotoキャンペーンが開始され、旅館等でクラスター発生の報もあった。

長引くコロナ禍に疲弊するも声も聞かれるが、8月20日、都内で開催された感染症学会のシンポジウムでは前向きな見解が示された。

政府の新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長が現在の流行について「今後の推移に注意が必要だが、全国的にはだいたいピークに達したとみられる」と発言した。

学会第2日目の8月21日、日本感染症学会インフルエンザ委員会委員長で倉敷中央病院呼吸器内科主任部長で、学会に出席した石田直医師にwithコロナ社会を生き抜くため注意する点を聞いた(聞き手:吉澤恵理)。

なぜ政府は「第二波」と明言しないのか?

まず最初に感染者の増加が日々報道される中でのシンポジウム参加に不安はなかったのかを聞いた。

「今回の学会は現地参加かウェブが選択可能で、現地参加はかなり少ないですね。施設によっては東京への出張禁止になってる病院や大学が多いためです。私が勤務する倉敷中央病院では規制がなかったので会場参加をしましたが、多くのドクターは来てないですね」

感染症学会は第二波の渦中という見解であったが、一方で政府は第二波とは明言せず、東京都医師会長の尾崎治夫医師が東京は「感染の火だるま」と表現した。石田医師から東京の状況はどう映っているか。

「第二波とは言いたくないのかもしれませんね。しかし、感染拡大を評価する基準が1つあって人口10万人当たりの感染者数で見ると東京はやはり感染がかなり多い。

私のいる岡山県でもだんだんと感染が広がり、現在感染者は累計で140人を超えます。しかし、感染者は岡山市内が多く、倉敷市はまだそれほど多くない」

感染拡大の影響で、医療機関の業務に変化はでたのか?

「私の病院では軽症者が多く、入退院のサイクルが早いため現場の業務は大変になっています」

軽症が多いということは「新型コロナの指定感染症を見直しの検討」は論議されるべきなのだろうか?

「もっと、患者数が増えた場合には、指定感染症の見直しを行って、軽症者は自宅待機としたほうがよいかもしれません」

症状だけでは判別がつかない…インフル感染者にコロナ感染者が混じってしまう危険性

例年、夏のシンポジウムではインフルエンザ対策について触れられるが、2020年のインフルエンザの感染状況によっては医療現場は新たな混乱を招く恐れもありそうだ。

「日本では冬がインフルエンザの流行シーズンですが、2019-2020年の冬は、インフルエンザは非常に少なかったです。

現在のところ南半球でもインフルエンザは少ないのですが、それをどう考えるか...コロナの感染対策をしていることがインフルエンザにも有効だったのだろうという説もあるし、インフルエンザウイルスとコロナウイルスとが干渉しているのではないかという説もあります」

ウイルスの干渉とは?

「ウイルス学における干渉(かんしょう:interference)とは、1個の細胞に複数のウイルスが感染したときに一方あるいはその両方の増殖が抑制される現象をいいます」

「結局、コロナばかりを調べている状況が続いて、南半球でもインフルエンザは十分調べられてないのではないかともいわれています」

つまりコロナ感染にインフルエンザが隠れてしまい感染の実態が把握できていなかったとも考えられるのかもしれない。

一方でインフルとコロナ合併例もあるのでは?

「合併は結構報告されていますので、これから迎えるインフルエンザシーズンには学会としてはぜひ両方の検査をしていただきたい」 

2020年1月に日本における新型コロナ感染が確認された後、医師会は検査時の医師の感染リスクを鑑みて検査を避け、症状だけで診断する方針を各医療機関に示していた。この点を石田医師はどう考えるか?

「はっきり言って、多くのインフルエンザは症状だけではコロナと判別できない。インフルエンザと診断され、治療されている患者の中にコロナの感染者が混じる可能性があるのでインフルエンザの検査はきっちりと行ってほしい。

ただコロナの検査許容数はインフルエンザほど多くないので、現実的にはまずインフルエンザの検査をして、陰性であった場合にコロナも考えるということになります」

冬に大混乱が起きるのではと心配になるが…

「実際にはインフルエンザの流行が起こるかどうかはわかりません。コロナの感染対策が、同時にインフルエンザの感染予防にもなります。とはいえ、今年は例年にも増してインフルエンザワクチンを受けてください」

次のページ
withコロナ社会は最低でも来年まで続く可能性 >



関連記事

編集部のおすすめ

「コロナを止める最後のチャンス」東京都医師会長の悲痛な叫び

尾崎治夫(東京都医師会会長)&吉澤恵理(医療ジャーナリスト・薬剤師)

新型コロナで傷ついた日本経済…回復に必要なのは「検査の拡充」

小黒一正(法政大学経済学部教授)

「陽性」を瞬時に判定 “AI診断”は医療の未来を救うのか?

三津村直貴、岡本将輝・杉野智啓〈TOKYO analytica〉(監修)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 社会 » 「インフルエンザとコロナは見分けがつかない」 インフル専門家が抱く”秋冬への危機感”

×