ホーム » 生き方 » 「周囲の評判ばかりを気にする親」に縛られ続けた子の悲劇

「周囲の評判ばかりを気にする親」に縛られ続けた子の悲劇



2021年01月29日 公開

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

 

見えない環境で起きている恐ろしいこと

現代で、誰が封建的因襲関係を大声で主張するだろうか。皆、愛をとなえ、民主主義をとなえて、その実、封建的搾取をおこなうのではなかろうか。

ルネッサンス以来の経済的発展の特色である競争的個人主義は、人々を結合させることはできないという。その結果、いろいろの社会の病理が生じたことも確かである。

人々を結合させるものは、共通目的への奉仕というきずなである。しかし、このように人々を結合させる共通目的への奉仕というきずなこそ、欺瞞(ぎまん)を可能にすることを忘れてはならない。そして、この欺瞞によって、より多くの人が病んでいったということも決して忘れてはならない。

共同体の欠如は、心の病いの原因である。しかし、共同体の大切さを説く欺瞞の中に、さらに多くの人を心の病いに追いこむ原因があることを忘れてはならない。

ある患者の生後18ケ月の時、母親が死んだ。それを患者の姉達は、あなたのせいだといって責めた。「あなたがいなかったら、お母さんはまだここにいたのよ」といったという。こんなに幼くして、こんな責め方をされて、心が病まないということがあろうか。

これは、戦時における殺人以上に罪ではなかろうか。愛と平和と自由の名のもとに人を殺すのは、戦争の時だけではない。

今、平和な日本におこなわれている精神的殺戮は、戦争中の殺戮のように外から見えるものではなく、外からは見えない家族というような小集団の内部でおこなわれている。しかも、「愛」という理想の鉄壁に守られて。

 



関連記事

編集部のおすすめ

「他人の話に耳を貸さない人」が苦しみ続ける“消えない不安”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「妻が自分の親ばかり大切にする」と一方的に怒る夫が誤解していること

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

医学部卒の息子が「こんな家に生まれたくなかった」と嘆く理由

片田珠美(精神科医)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 「周囲の評判ばかりを気にする親」に縛られ続けた子の悲劇

×