ホーム » 生き方 » 「好かれる人」は、ひとりの時間の使い方がうまい

「好かれる人」は、ひとりの時間の使い方がうまい

2014年04月04日 公開

斎藤茂太(精神科医、随筆家)

イラスト版『なぜか「人に好かれる人」の共通点』より 》

 

ひとりを楽しめる人は、人といい関係がもてる

 人との関係づくりがうまく、コミュニケーションもうまく、人の話に「共感」もできる人。そしてもちろん人からも好かれて幸福そうな人。さて、これはどんな人だろうか。

 逆説のようだが、そういう人はおそらく、孤独に強く、ひとりでいても楽しめる人だ。

 ひとりでいることが楽しめない人は、ひとりになると何をしていいのかわからない。手持ちぶさたになって時間をもてあまし、だれかとコミュニケーションをとりたくなる。大した用事でもないのに、知人に電話をしたり、相手の家を訪ねたりする……。

 もしも2時間、知人に電話をしたり訪ねたりすれば、知人は同じ時間、あなたにつきあわなければならなくなる。この人は心の寂しさを埋められ満足かもしれないが、そのために、知人はほかのことが何もできなくなるのである。

 そんなことがたびたびあれば、知人だって、あまりいい顔はしておられまい。「もう、やめてくれ」という気分にもなろうというものだ。これが、人と人との関係が壊れてしまう、ひとつのパターンだ。

 ひとりでいても楽しめる人というのは、このあたりの距離感がわかる。また、ひとりでいても苦痛ではないから、大した用事でもないのに連絡をとるようなことはしない。

 ひとりでも楽しく過ごせる人とそうでない人の違いは何か。根本的な違いは「自分のことは自分でする」という生活の基本ができているかどうかではなかろうか。

 ひとりでも楽しめる人は、個として自立し、ギブ&テイクの関係を保てる人だ。そこには「助け合う」という気持ちがある。

 しかし、それはあくまでも「互いに」であり、「一方的に」ではない。自分ひとりの時間を楽しめる人こそ、社会の中のさまざまな人と充実した関係がもてるのだろう。

 

後悔のしかたに「その人」が表れる

 どうしても欲しくてたまらないものがあり、その場で思い切って買った。

 「衝動買いはいけない」と思いつつ、である。ところが、2週間後、同じものがバーゲンで安くなっている。あなたはどう思うだろうか。

 「ああ悔しい! 私は奮発して買っだのに。5千円も損しちゃってほんとに悔しい」。ある人の場合はしきりに悔しがる。

 また、ある人は、「もう少し待てばよかったのに、衝動買いしたからバチが当たったんだわ」と、くよくよ反省する。

 また、「悔しいけど、ま、しょうがないか。バーゲンで買う人より2週間早く使えたのだから」と、さっさと気持ちを切り替える人もいる。

 人の「前向き度」はこんなところにも表れる。だれがいちばん前向きかといえば、いうまでもなく、最後の人であろう。

  この人は割り切りがうまい。自分に対しても人に対しても、「やっちゃったものはしかたがない」と、そこで気分をさっさと変えて、前向きになれるのである。

 こういう人が近くにいると、こちらも早く立ち直れるというものだ。

 テレビをがちゃがちゃと無理にいじっていて壊してしまった。がっくりきていると、「いいじゃない、最新のが買えるんだから。こういう機会がないとなかなか買い替えられないでしょ」。そうか、そう考えればいいのか。よし、いいのを探すぞ。そう思えてくる。

 前向きに割り切れる人は、まわりの人の気持ちも切り替えてくれる。生活の知恵にあふれていて、トラブルにあっても最小限の損失で食い止めるコツが身についている、実践的な人ともいえる。そんな人のそばにいたい、友達になりたい、と思わせる人である。

 

 

 人にはそれぞれ、自分のベースや段取りというものがある。

 歩くように生きていく人もいれば、走るように生きてい<人もいる。杖を頼りに生きていく人もいれば、少しずつ生きていきたいと願っている人もいる。

 せっかちが悪いとはいわない。多少せっかちなほうがむしろいい場合もある。問題は、せっかちである自分のペースに、まわりを従わせようとすることだ。

 「もう、いらいらする。みんな、もっと走れよ」

 というのは、ちょっとおかしいのではないか。

 酒の席でも、熱燗をなめるように飲む人もいれば、いきなり日本酒をがぶ飲みする人、最初から最後までビールを飲む人もいる。どんなことでも、人それぞれだ。自分のペースでやればよい。

 「人それぞれ」がわかっている人は、自分のペースで酒を飲む。それぞれの人が、みんな自分のペースでやれば、みんなが楽しいのである。

 しかし、人と自分との価値観やペースの違いがわからない人は、「まだグラスが空いてないじゃないか。もっと飲めよ」などとやる。悲しいことに、この手の人は、自分は相手に気を遣っていると信じていることが多く、そのぶん恩着せがましくなり、なおさらけむたがられる。

 せっかちな人ほど、人を自分のペースに従わせようとする。せっかちな人は、せっかちなぶんだけ、人の気持ちには気が回らないようだ。しかも、「よかれ」と思って押しつけてくるのだから、ちょっと困る。そのたびに、まわりの人は心の平安を壊されていることに気づいてほしい。

 

<書籍紹介>

イラスト版  なぜか「人に好かれる人」の共通点

斎藤茂太 著

人間観察の達人・モタ先生が、上手に人間関係を築いている人たちを紹介。どうすれば「人に好かれる人」になれるのか、イラストで解説。

 

<著者紹介>

斎藤茂太(さいとう・しげた)精神科医、医学博士、随筆家

1916年、東京都生まれ。長年、家族・夫婦・子育て・心の病・ストレスを扱い、「心の名医」として厚い信頼を受けてきた。歌人で精神科医だった斎藤茂吉の長男。2006年11月逝去。

著書に『「いい人」が損をしない人生術』(PHP新書)、『「なぜか人に好かれる人」の共通点』『なぜかボケない人の「ちょっとした」習慣』(以上、PHP文庫)、『いい言葉は、いい人生をつくる』(成美文庫)など多数がある。



関連記事

編集部のおすすめ

藤巻幸大・職場で「可愛がられる」ひとが心がけていること

藤巻幸大(藤巻兄弟社代表取締役社長、カリスマバイヤー)

モタさんの 仕事に追いつめられない “大丈夫!” な考え方

斎藤茂太(精神科医)

あせらず、あわてず、前に進む。

塩沼亮潤 (慈眼寺住職・大峯千日回峰行大行満大阿闍梨)

初対面での第一印象 フォロー&リカバリー術

臼井由妃(健康プラザコーワ代表取締役)

[仕事ダイエット!] 残念な人ほど「資料・メール」に時間をかける

山崎将志 (ビジネスコンサルタント)

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 「好かれる人」は、ひとりの時間の使い方がうまい

×