PHPオンライン衆知 » 書評 » 首都圏、関西圏、東海圏の鉄道のすべて

首都圏、関西圏、東海圏の鉄道のすべて

2015年11月18日 公開

PHP研究所文芸教養出版部

 鉄道関連の書籍を多く担当することになってから、鉄道会社から発表されるニュースリリースをチェックするのが毎朝の日課となりました。「駅のバリアフリー工事が完了しました」というちょっとした情報から、「〇〇系の車両が引退します」といった(鉄道ファンにとっては)大ニュースまで、日々目を通して次に話題になりそうなトピックを探しています。

 最近注目を集めたことと言えば、上野東京ラインの開通、梅小路蒸気機関車館の閉館と京都鉄道博物館の開設(2016年春予定)、リニア中央新幹線の本格着工、トワイライトエクスプレスやブルートレインの引退といったことが挙げられますでしょうか。

 最近は各鉄道会社も、将来にわたる利用者を確保するために、親子で参加できる鉄道イベントを開催するなど、ファンサービスに積極的です。鉄道ファンの裾野が広がったこともあり、以前発刊した『東急電鉄のひみつ』『阪急電鉄のひみつ』などの鉄道シリーズに対しては、お子さんや女性の方など幅広い読者層から感想や質問・要望をいただきました。

 とくに多く寄せられたのが「JRや各地の地下鉄も取り上げてほしい」「大手だけでなく、中小の私鉄についても読みたい」「廃路線や今も残るその痕跡について知りたい」といったリクエストでした。

 そこで今回は最近の話題や皆様からのリクエストを踏まえて、新たに「鉄道のすべて」という、エリアごとにそれぞれの鉄道路線の情報を広く集めたミニシリーズを企画しました。第一弾の「首都圏」、第二弾の「関西圏」は幸い好評を得ており、続く第三弾は「東海圏」となります。

 歴史、各路線案内、廃止線、代表する車両、名駅舎、鉄道遺産、鉄道を楽しむスポット、車両基地など、盛りだくさんの内容になっています。制作中にも新車両デビューや路線廃止などの発表があり、最後まで情報の取捨選択に追われました。

 各種情報がギュッと濃縮された本書が、鉄道を趣味として楽しむ一助になしましたら幸いです。

関連記事

編集部のおすすめ

「藻谷浩介と行く南三陸鉄道講演ツアー」同行取材ルポ 前編

藻谷浩介(日本総合研究所主席研究員)

東京駅の謎…「東京の玄関」はなぜ現在地に造られたのか

小野田滋(鉄道総合技術研究所)

【趣味を広げる】 小説で「鉄道気分」!

阿川大樹

70年の記憶を宿して走る 広島の路面電車

歴史街道編集部

個性豊かな「旅の文章の書き方」

轡田隆史(ジャーナリスト) 

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 書評 » 首都圏、関西圏、東海圏の鉄道のすべて

×