PHPオンライン衆知 » 生活・健康 » 正月太りに朗報!ズボラでも実践可能な「リセット食事術」

正月太りに朗報!ズボラでも実践可能な「リセット食事術」

2019年01月07日 公開

柏原ゆきよ(管理栄養士)

ごはんとみそ汁が、おつまみを「押し出す」役割を担う

終わり良ければすべて良し! 最後に何を食べるかで、消化のスピードが変わります。

シメにはできるだけ、ごはんとみそ汁を食べましょう。シメに頼むごはんの分だけその前のおつまみを控えめにして、おなかに余裕をもたせておくのがポイントです。炭水化物は肝臓を効率よく動かすためのエネルギーとなり、アルコールの分解処理を早めます。

ごはんとみそ汁は、遅くまで飲み食いしたおつまみを「押し出す役割」と思ってください。胃腸をきれいにお掃除して、消化と分解を促進してくれるので、翌朝、スッキリ目覚
められるだけでなく、胃が軽く感じられるはずです。

シメを食べずに寝ると、夜の「おなかぽっこり」は、翌朝も変わりません。ところが、ごはんとみそ汁をきちんと食べた翌朝は、不思議なくらいおなかがすっとへこんでいます。

ごはん&みそ汁は体を調整する「リセット食」と私は呼んでいます。

お店によっては、ごはんとみそ汁を置いていない場合もあります。そんなときは、牛丼屋に入りましょう。牛丼屋なら深夜も営業しているので、遅い時間でも大丈夫。

ここでも選ぶのは、ごはんとみそ汁。どちらも単品でオーダーしましょう。みそ汁は豚汁やけんちん汁などの具が多めのものがいいですね。くれぐれも牛丼にしないように……。

この方法を知っていれば、ごちそう続きや食べ過ぎの夜も、リカバリーできるので安心です。
 

月に1回程度ならシメのラーメンもOK

以前サポートした、60代の営業マンの事例をご紹介します。
外食中心、しかも接待で飲み会が多い方でしたが、ライフスタイルは変えられないとのことでしたので、できる範囲で実践していただきました。

「朝を抜かず3食食べる」「外食は、麺類を控え、できるだけ定食屋を利用し、おなかがすいていたら、ごはんは大盛りにする」、さらに「飲み会のシメにごはんとみそ汁をオーダーしてほしい」と伝えました。

すると、わずか2カ月で、100㎝オーバーだったおなか周りが10㎝以上減りました。

そうはいっても、飲み会の後に、深夜にもかかわらずラーメンが食べたくなるときもあるでしょう。それはアルコールを分解するためのエネルギーとして炭水化物を体が欲している証拠です。

そういうときは、ガマンしないで食べてしまいましょう。食欲を抑えてストレスを増大させるよりも「ストレスオフ」の発想です。胃腸が正常な状態なら、月に1回程度ならシメのラーメンもOKです。ただし、翌朝の胃もたれを覚悟してくださいね。

飲んだ翌日、おなかが出ていたり、もたれがあるときは、「リセット食」にしてみてください。

次のページ
翌日の活力になる楽しい飲み方を >

関連記事

編集部のおすすめ

1週間の「食べる断食」で太りにくい体に変える

柏原ゆきよ(管理栄養士)

体重を減らすなら白米を増やす⁉ 「しっかり食べてやせる」食事法があった

柏原ゆきよ(管理栄養士)

食事をガマンすると老化が進む! “白米たっぷり”の健康的ダイエットとは!?

柏原ゆきよ(管理栄養士)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生活・健康 » 正月太りに朗報!ズボラでも実践可能な「リセット食事術」

×