ホーム » 生活・健康 » 視界がボヤけるのは「老化」ではない! 医師が教える“目のストレッチ”

視界がボヤけるのは「老化」ではない! 医師が教える“目のストレッチ”

2019年08月22日 公開

平松類(医師・医学博士)

 

ストレッチで楽にピントが合うようになる

平松類「老化って言うな!」

少しでも楽にするには筋肉をうまく使うようにする必要があります、筋肉は伸び切った状態で固定するのは結構楽なのですが、中途半端な位置で固定して維持するのはきついものです。

例えば、膝を伸ばしている状態や完全に曲げているのは楽だけれど、中途半端に曲つ目標物を設定して、遠く、中間、近く、中間、遠くというように、焦点を動かしてみます。

具体的な方法を解説しましょう。まずは右手の人差し指を立ててください。

①その指を目から30センチの位置で止めます。大体A4サイズの長い辺が
30センチですから目安にしてください。

②次に遠く、だいたい2メートル以上遠くを見ます。窓から遠くを眺められるなら山などの景色が良いのですが、なかなかな対象物がないかもしれません。その場合は、家の中のテレビや、窓から見える自動車などでもOKです。

③次に今までの2つの距離の中間、1メートルぐらいの位置を見ます。家のカレンダーでもよいでしょう。

この3地点を順に見ていきます。最初は、近く(①)と遠く(②)の2箇所から挑戦してみてください。まずは指の先を5秒見る。次に遠くを5秒見る。これを10回ほど繰り返します。

慣れてきたら今度は、①近く5秒、③中間5秒、②遠く5秒というように、3地点を順に見る。これを10回繰り返し筋肉を使っていきます。

こうすると、筋肉をまんべんなく使っていくことができます。次第に、物を見た瞬間にピタッと、ピントが合うようになってきます。

一日に何度やっても構いません。読書やスマホで目が疲れたときに行なうと、目だけでなく、肩や首の筋肉を休める効果も期待できます。



関連記事

編集部のおすすめ

医者が明かす本音…患者の「自分は院長の知り合いだ」は逆効果

平松類(医師・医学博士)

「寝ても疲れが取れない」を改善する"スキマ時間スクワット"

小林弘幸(順天堂大学医学部教授)

体重を減らすなら白米を増やす⁉ 「しっかり食べてやせる」食事法があった

柏原ゆきよ(管理栄養士)
DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

DRAGON JAPAN 龍の日
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生活・健康 » 視界がボヤけるのは「老化」ではない! 医師が教える“目のストレッチ”