PHPオンライン衆知 » 社会 » 「世界一教育にカネをかけない国」日本が生み出した“教師のブラック労働化”

「世界一教育にカネをかけない国」日本が生み出した“教師のブラック労働化”

2020年06月24日 公開

妹尾昌俊(教育研究家)

 

ニッポンは「教師の残業大国」

しかし、日本の教育には世界トップの反対、世界ワーストの部分もあります。

まず、政府が教育にかける予算は、ワーストクラスです。

OECDの2016年の調査によると、初等教育(小学校)から高等教育(大学等)の公的支出がGDPに占める割合は、日本は2.9%となっており、これは35か国中最下位です。なお、OECD加盟国の平均は4.0%です。

このうち、小学校~高校(初等教育、中等教育等)への日本の公的支出のGDP比は2.4%で、これはOECD中でも最低レベルです。

日本の教育のワースト記録は、これだけではありません。もうひとつあります。

それは、教員の労働時間の長さです。

図は、教育社会学者の舞田敏彦さんが、教師の労働時間についてデータ分析をしたグラフです。

中学校教員の勤務時間

日本の先生(中学校教員)は、グラフの右上に飛び抜けた位置にいることがわかります。週の平均勤務時間は約60時間。さらに、勤務時間が60時間以上の割合が半数を超える国は、日本しかありませんでした。

こちらは中学校教員のデータでしたが、小学校教員の長時間労働についても世界一との結果が出ています。「先生が忙しすぎる」という日本のイメージは、世界では当たり前ではないのです。「日本の常識は、世界の非常識」というわけです。

 

日本の生徒の「読解力」は楽観視できない

さて、数学と科学はトップクラスの一方、読解力はトップクラスには遠く、なおかつ低下傾向にあるとお話ししました。読解力と言っても、OECDではどういうものを「読解力」と定義し、評価しているのでしょうか。

OECDの資料によると、読解力(リーディング・リテラシー)として主に3点を試しています。

①情報を探し出す力(関連するテキストを探索し、選び出すなど)
②理解する力(字句の意味を理解する、統合し推論を創出するなど)
③評価し、熟考する力(信憑性を評価する、矛盾を見つけて対処するなど)

もちろん、日本の国語の授業でも①②③に関連することは扱っています。ただし、問題例などを見て感じるのは、国語だけでなくて、社会や技術・家庭、総合の時間など、あらゆる教科で①②③は大事になる能力だということです。

ビジネスパーソンであれば、日ごろの仕事のなかでも①②③に関連することを常に行っている人は多いと思います。たとえば、顧客や取引先からのメールを読んで、何が求められているのかを理解する(①や②の能力)。

その上で顧客のリクエストをそのまま受けていいのか、別の提案ができないかなどを考える(③の能力)などです。

PISAの結果だけに一喜一憂するのはどうかと思いますが、重要なリテラシーを試していることにはちがいありません。その結果が低下傾向にあるということは、単純に「国語の授業が苦手」といったレベルを超えて、社会に大きな影響をもたらす可能性があります。

次のページ
「基礎的な読解力」がない生徒が増加している >

関連記事

編集部のおすすめ

“死と隣り合わせ”の⽇本の学校…ニッポンの教育が沈みかけている「5つの理由」

妹尾昌俊(教育研究家)

子どもの学力を左右してしまう、親の経済力とは別の「重要な要素」

中野信子(脳科学者)、鬼塚忠(作家エージェンシー代表)

麹町中学校長の危惧「叱るほどに、子どもが感情をコントロールできなくなっていく」

工藤勇一(千代田区立麹町中学校長)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 社会 » 「世界一教育にカネをかけない国」日本が生み出した“教師のブラック労働化”

×