ホーム » 生き方 » 「離婚する夫婦」と「しない夫婦」…研究から見えたその差を分けるもの

「離婚する夫婦」と「しない夫婦」…研究から見えたその差を分けるもの



2020年07月12日 公開

古宮昇(心理学博士)

夫婦で感謝を伝え合うことができるかどうか

カウンセラーとして、⽇本、⽶国、ニュージーランドで25年以上にわたって、延べ6000⼈の⼼の援助をしてきた古宮昇⽒は「感謝の気持ちが強い⼈ほど、幸せで⼈⽣にも満⾜しているし、⼈間関係もいいし、体も⼼も健康だし、トラウマやいやな出来事からも早く⽴ち直れることが心理学の研究で明らかになっている」と語り、自身の経験からも「感謝」の⼤切さを説いている。

古宮氏は書著『絶対幸せになれる「感謝ノート」』より、その感謝の習慣が夫婦関係に与える影響について触れている。本稿ではその一節を紹介する。

※本稿は古宮昇著『絶対幸せになれる「感謝ノート」』(PHP研究所刊)より一部抜粋・編集したものです。

 

人に感謝を表現すると幸せになる

人に感謝を伝えると、伝えてもらったほうはもちろんうれしいですが、伝えたほうの人も幸せになることがわかっています。

ある心理学者たちは、八九名の少年少女たちを二グループに分けました。一つは「感謝の手紙グループ」で、そのグループの子どもたちには、大切な人に感謝の手紙を書いてそれを自分で本人に直接手渡してもらいました。

もう一つは「日記グループ」で、その子どもたちは、その日あった出来事を日記に書いてもらいました。

両グループの子どもたちがそれぞれの活動をおこなってから二ヶ月後に彼らの気分を測定したところ、感謝の手紙グループのうち、日ごろからあまり良い感情を感じることが少なく過ごしていた子どもたちは、「日記グループ」の子どもたちよりも、気分が良くなり感謝の気持ちも大きくなって
いました(論文A)。

同じように、別の実験では被験者たちに周囲の人々に感謝を表現したり、親切なおこないをしたりしてもらい、六週間後に追跡調査をしました。すると、彼らの人間関係満足度が高まっていました(論文B p.47)。

また週に1回、3週間にわたって誰かに対して感謝の手紙を書いた人たちは、幸福度が増し、うつ気分が減り、人生の満足度が高まりました(論文B p.33)。

つまり、私たちは人に感謝を伝えるほど自分が幸せになるのです。

 

人は感謝されるとうれしい

生き物のなかで、感謝されてうれしいと感じるのは人間だけ。私たちは、人に感謝を伝えるとうれしくなりますが、もちろん感謝してもらってもうれしいもの。

私たちは、誰かが感謝の気持ちを伝えてくれると、その人と一緒にいたいと思うようになるし、他の人たちに対しても優しい行動をよりたくさんおこなうようになることが、心理学の実験でわかりました(論文B p43,p45)。

人に感謝を伝えると相手はうれしくなり、その人との関係が近くなるのです。

恋愛カップルや夫婦でも、相手への感謝をたくさん表現すると、関係が良くなります。そのことについてお伝えするに当たって、まず愛情貯金という考えかたを紹介します。そしてそのあと、相手への感謝をたくさん表現すると関係が良くなる、ということを実証した研究を紹介します。

次のページ
アメリカの研究者が明らかにしたこと >



関連記事

編集部のおすすめ

両親の不仲、いじめ、貧困…心を閉ざした子どもに希望を与えた「受験勉強」

古宮昇(心理学博士)

浮気夫が突きつけた離婚…“前向きな”妻が取り違えた「現実」と「願望」

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「一人が怖くて」束縛、離婚…恋愛依存体質の人が陥ったワナ

汐街コナ,大石雅之
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 「離婚する夫婦」と「しない夫婦」…研究から見えたその差を分けるもの