ホーム » 社会 » 内閣支持率はウソの数字!? 統計学が教える「騙されないデータの読み方」

内閣支持率はウソの数字!? 統計学が教える「騙されないデータの読み方」



2020年11月05日 公開

高橋信

 

“分母”に注目してみる

ネット投票の集計結果を額面どおりに受け取ったり学術論文を鵜呑みにしたりするのは、真実ではない数値を真実であると誤認してしまうわけですから、危険です。では誤認しないようにするにはどうしたらいいのか。

それは、自分でデータを適切に集計したり分析したり、あるいは他者が集計したり分析したりしたものを適切に読み解けるようになる、言わば“データリテラシー”を身につければいいのです。

データリテラシーを身につけると、ネット投票のようなものへの違和感を自然と覚えるようになります。のみならず、テレビなどでニュースを見る際の奥行きが広がります。

たとえば感染症について、 (検査を受けた人のうちで陽性だった人の数)/ (検査を受けた人の数)でなく、その分子である「検査を受けた人のうちで陽性だった人の数」だけを報道するのはおかしいことに気づくはずです。言うまでもなく、7/10と、7/10000とでは大違いですよね。

データリテラシーを身につけるためには、統計学の勉強が有益です。今回を契機に、ぜひ、統計学に目を向けてみてください。



関連記事

編集部のおすすめ

2030年、ホワイトカラーが消滅する…その準備は大企業で着々と進んでいる

鈴木貴博(経営戦略コンサルタント)

若手男性官僚の7人に1人が「数年以内に辞職したい」のはなぜか

松井孝治(慶應義塾大学総合政策学部教授)

データが示す「結婚すれば幸せ」とは断言できない理由

ダニエル・ネトル (著), 金森重樹 (監修), 山岡万里子 (訳)

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 社会 » 内閣支持率はウソの数字!? 統計学が教える「騙されないデータの読み方」

×