ホーム » 生き方 » 恋人に「親からの愛」を求め続ける人間の悲劇

恋人に「親からの愛」を求め続ける人間の悲劇



2020年12月24日 公開

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

 

過去を見つめて「本当の自分」を取り戻す

母親固着から解放されなければ、「本当の自分」に出会うことはできない。自分自身であることとは「本当の自分」でいることという意味であろう。

母親固着の強い人は「常に民族的・国家的・宗教的な母親固着という牢獄につながれている」。どこまで母親固着から解放されるかが、どこまで「本当の自分」になれるかということである。

つまりどこまで母なるものへの欲求が満たされるかということが、どこまで「本当の自分」になれるかということであり、どこまで自分の人生に自分が責任を持てるようになれるかということである。人は母なるものへの欲求が満たされることで心の支えができる。

「自分自身になれる」というのは、何か起きたときに人の責任にしないこと、人のために働けること、人を守れること、人を愛せること、自分の意志を持つこと、積極的感情を持てること、人の言いなりにならないこと等々である。

とにかく母親固着の強い男性は深く傷ついている。自分は母親固着の強い男だと思った人は、どこでいつ何にそこまで深く傷ついたかを考えることである。そして自分のイライラの正体をハッキリとさせる。

彼自身が自分の心の底と正面から向き合い、自分の問題をしっかりと認識し、その上で助けを求めること以外に生きる道はない。まず「自分の心の問題は何か?」を見つめる。勇気を持って心の底を見つめると、例えば自己蔑視している自分に気がつく。

自己蔑視に気がつけば、自分は今周囲の人から認められているのではなく、たかられていると分かる。自分は認められていると思ったのだが、実は単に舐められていただけだと分かる。

心の支えが欲しければお金持ちになろうとするよりも、自分自身になろうとすることである。



関連記事

編集部のおすすめ

理想ばかりが高くなる「恋人と母親を混同する男性」の悲劇

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

浮気夫が突きつけた離婚…“前向きな”妻が取り違えた「現実」と「願望」

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「一人が怖くて」束縛、離婚…恋愛依存体質の人が陥ったワナ

汐街コナ,大石雅之

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 恋人に「親からの愛」を求め続ける人間の悲劇

×