ホーム » 生き方 » 頭がいい人の話し方が身につく3つの「口ぐせ」

頭がいい人の話し方が身につく3つの「口ぐせ」

2013年06月26日 公開

樋口裕一(多摩大学教授)

※本稿は『イラスト版 頭がいい人、悪い人の話し方』より一部抜粋・編集したものです。
 

自分をうまくアピールする

イラスト版 頭がいい人、悪い人の話し方

日本人は、自分をアピールするのが苦手な人が多いようです。本当はアピールしたいのに、どうしても引っ込み思案になってしまいがちです。

新しい仕事の話に、心の中では「ぜひ、自分がやりたい」と思っていても、自分からはなかなか言い出すことができません。つい「ほかの人のほうが適任なのでは?」などと遠慮してしまうのです。

また、たとえ指名されても「自信がありません」と言ったりすることもあります。そのくせ、実際にほかの人に仕事が回されると、「あの人は自信過剰だから」などとやっかんだりするのだから面倒です。

それなら、はじめから「その仕事、ぜひやらせてください」と、明るく言ってみませんか? そのほうが気分はすっきり、周囲からも好感を持たれるでしょう。

その場合、ちょっとしたコツがあります。それは、もっともらしい理由をつけてアピールするのです。

頭のいい人は「私ならできるのでやらせてください」と、能力があるからやらせてほしいとは言いません。「その仕事は以前にやったことがあるので」「それなら、郷里の近くで土地勘があります」など、能力ではなく、やる気をアピールすること。そのほうが口にしやすいし、周囲も嫌味に感じることはありません。

もちろん「私は留学の経験があり、英語が得意なので」などという理由づけはNG。自慢めいたことは言わないように気をつけましよう。

次のページ
うまく反対意見を考慮する >



関連記事

編集部のおすすめ

【ウザい話し方】話していて「疲れる人」「面倒くさい人」の口ぐせとは 

五百田達成(心理カウンセラー、作家)

雑談が絶対盛り上がる3つの鉄板ネタ

野口敏(TALK&トーク話し方教室主宰)

話し方のプロが数万人との会話でみつけた!「会話がつまらない人」の共通点とは?

野口敏(グッドコミュニケーション代表取締役)
DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

DRAGON JAPAN 龍の日
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 頭がいい人の話し方が身につく3つの「口ぐせ」

×