ホーム » 仕事の心得 » 朝型人間は知っている! なぜ、通勤電車の吊り革を左手で握るといいのか?

朝型人間は知っている! なぜ、通勤電車の吊り革を左手で握るといいのか?



2016年05月17日 公開

高島徹治(資格コンサルタント)

PHP文庫『「朝30分」を変えなさい』より

朝こそ「やる気の脳」をとことん活性化させよう!

人間の体は、どんな部分、どんな機能であっても、使わないと衰えていきます。本来、そういう性質があるのです。

運動不足の生活を続けていると、筋肉が衰えてしまう。それと同じように、ドーパミンもどんどん使っていかないと、次第につくる機能が衰えていくのです。

夜更かしや朝寝坊。そんな不規則な生活は、ドーパミンをつくり出す機能を衰えさせます。最近、キレる人が増えたのは、不規則な生活で正常にホルモンが分泌されなくなったせい、という説もあるほどです。

反対に、ドーパミンは、使えば使うほどつくり出す機能が強化されます。

「どうもやる気が出ない」

「意欲が空回りする」

そうお嘆きのあなたは、ひょっとしたらドーパミンをつくる機能が衰えかけているのかもしれません。しかし、そういうあなたでも、“やる気の脳”を使ううちに、衰えかけた機能がよみがえってきます。

ドーパミンをよりいっそう出させるための、簡単な方法をお教えしましょう。

「今まで体験した楽しかったことや、成功したことを思い出す」

「あるいは、楽しみにしている旅行などの予定を思い描く」

そんな、ささいなことでいいのです。

楽しいことを考えるだけで、ドーパミンの分泌が促される。これは、最新の脳科学の定説です。

ドーパミンが放出されて気分がよくなってくると、血行がよくなり、体温も上昇します。すると、頭と体がますます活性化されてくるのです。

朝は、働きがとくに活発になるというのが右脳です。これを活性化させるには、右脳と直結している左半身を使うといいようです。

「歯を磨くときに、歯ブラシを左手で持つ」

「電車やバスで吊り革につかまるときに、左手でつかまる」

こんなふうに、意識して左手や左足を使ってみましょう。

朝の時間を活用すればするほど、ドーパミンをつくる機能が強化されます。その結果、当然、仕事の効率も高まります。

“やる気の脳”をとことん使って活性化すれば、さらなるパワーアップが図れるのです。

 


著者紹介 高島徹治(たかしま・てつじ)

週刊誌記者、編集プロダクション社長等を経て、現在は合格資格数91を誇る資格コンサルタント。講演、執筆、新聞等への寄稿やテレビ出演など、幅広く活動している。主な著書に『「寝る前30分」を変えなさい』(PHP文庫)、『もっと効率的に勉強する技術!』(すばる舎)、『すごい「勉強法」』(知的生きかた文庫)などがある。



関連記事

編集部のおすすめ

たったひとつの朝の習慣で、仕事の効率が大きく変わる

高島徹治(資格コンサルタント)

夜型を抜け出し、朝型人間になろう!

高島徹治(資格コンサルタント)

朝カレーでもOK! ハッピー人生をつくる「朝ごはん」のパワー

永山久夫(食文化史研究家、長寿食研究家)

「朝に弱い」というあなた、すっきり目覚めて「朝活」しませんか?

鴨下一郎(心療内科医、医学博士)

理想の「朝時間&夜時間」の過ごし方とは?

池田千恵(CONECTA代表)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 仕事の心得 » 朝型人間は知っている! なぜ、通勤電車の吊り革を左手で握るといいのか?