ホーム » 生活・健康 » 朝カレーでもOK! ハッピー人生をつくる「朝ごはん」のパワー

朝カレーでもOK! ハッピー人生をつくる「朝ごはん」のパワー

2013年05月16日 公開

永山久夫(食文化史研究家、長寿食研究家)

『長生きしたけりゃ、今すぐ朝のパンをやめなさい。』より

 

朝ごはんで人生の勝利者に

 現代人にとって朝ごはんを食べるか、食べないかは、ちょっとオーバーに表現すれば天下分け目の戦いみたいなものです。つまり、勝つか、負けるか。

 仕事ばかりではありません。

 ビジネス、能力開発、健康、長寿、すべての出発点が朝ごはんなのです。

 脳はあらゆる形で入ってくる情報の処理マシーンであると同時に、記憶の貯蔵庫ですから、性能のよしあしが、仕事にも長寿にも影響します。

 頭脳が正常に働くために欠かせないのがブドウ糖。その理想的な供給源こそ米のご飯で、米には約75パーセントの炭水化物が含まれています。

 炭水化物は多糖類とよばれる糖質で、体内で単糖類のブドウ糖に分解され、脳や筋肉などが働く時に必要なエネルギー源となります。脳の唯一のエネルギー源が、主として炭水化物から作られるブドウ糖なのです。

 ご飯は、粉食のパンやうどんなどと違って粒食ですから、消化されるのに時間がかかります。ご飯が腹持ちがよいということは、脳のエネルギー源として持続力が長いので、脳がより長く、健康的に働くことができるということになります。

 昔はどこの家でも、お母さんが朝早く起きてご飯を炊き、味噌汁を作りました。

 日本人は炊きたてのホカホカしたご飯が大好き。ひと粒、ひと粒が立っていて光沢があり、ほのかに甘い。食べると、いかにも体内に「米の力」がしみこんでいくような感じがします。そして、おいしいご飯にはちょっと粘り気があり、そのご飯を箸の先で小さなかたまりにして口に運びます。

 ツブツブがお互いにほどよく粘り合い、崩れない程度にかたまりを作っています。

 どのぐらいの大きさのかたまりにするか、日本人は無意識のうちに、箸の先を器用に使いこなして形にしているのです。目安はひと口大。それほど大きく口を開けなくても、品よく入るくらいのかたまりです。

 ご飯だけではありません。味噌汁でも漬け物、海苔、煮豆、焼き魚でも、すべて、この2本の箸で取り分けて口に運ぶのです。

 指先には神経細胞が集中していて脳と直結しており、指先をひんぱんに使うということは脳の活性化に効果的。脳の老化防止にも、長生きにも役立ってきました。

 元気で長生きの人はいつもニコニコと笑顔を絶やさず、食事の時、自分の箸でしっかりとご飯を食べます。

 生涯現役というのは「生涯箸使い現役」のことなのです。朝ごはんはもちろん、ご飯を食べることは、味を楽しんで栄養をとることに加え、実は、指先と脳の若々しさを保つことであるかもしれません。
<イラスト:永山久夫〔著者〕>

次のページ
情報化時代の生卵かけご飯 >



関連記事

編集部のおすすめ

たったひとつの朝の習慣で、仕事の効率が大きく変わる

高島徹治(資格コンサルタント)

やせたい人は、今夜もビールを飲みなさい―メタボが気になる方に朗報!

安中千絵(管理栄養士、食・健康コンサルタント)

「ゆっくり動く」健康法~副交感神経アップで体の不調、ストレスが消える!

小林弘幸(順天堂大学医学部教授)
リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

リッツカールトン東京 Happy Fes 女性のHappyを応援する日
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生活・健康 » 朝カレーでもOK! ハッピー人生をつくる「朝ごはん」のパワー