ホーム » 生き方 » 心理学者が家賃の値下げに成功した話。ガイ・ウィンチの上手に不満を伝えるコツ

心理学者が家賃の値下げに成功した話。ガイ・ウィンチの上手に不満を伝えるコツ



2018年06月01日 公開

ガイ・ウィンチ(心理学者)

不満を溜め込むと大変!?

<<不満を伝えるのは難しいもので、下手に苦情を入れれば「クレーマー」と思われてしまうこともあり得ますし、かといって、知人や友人に愚痴をこぼしても「気晴らし」になるだけで、不満のもととなる問題は解決しません。

不満を上手に伝えることが、より住みよい社会に変え、自身の自己肯定感を高めることにつながる、というのはTED トークで世界的人気となったニューヨークのセラピスト・心理学者であるガイ・ウィンチ氏です。

相手を嫌な気分にさせず、こちらの言い分を受け入れてもらえる「不満の伝え方」を伝授してもらいます。>>

 

不満を解消できれば自己肯定感もアップする

世界規模の大きな問題から日常生活の些細な問題まで、私たち現代人は、日々、たくさんの不満を口にしています。

しかし、心理学者の立場からすると、ただ「気晴らし」のためだけに不満を口にすることは、限りある感情を途方もない規模でムダにする行為だといえます。鬱憤をはらすだけではなく、より住みやすい社会に変えるために「不満」を使うべきでしょう。

不満を上手に伝えることができれば、さまざまな面を大きく改善できます。

自分を取り巻く環境を根本から変えることや、公共サービスをよくすることができますし、製造元に商品に関する苦情を訴えて改良してもらえば、ほかの消費者もその恩恵にあずかれます。

また、パートナーとの関係が持ち直す、友情が深まるなど、より良い人間関係を築くためにも有効です。

さらに、不満を解消することは、自分自身にとっても大きな効果があります。自分に自信が生まれ、自分の意思を主張できた、自分で問題を解消できた、自分にはそれだけの力があるという実感が生まれることにより、自己肯定感が向上し、自分にできるという自己効力感が強くなって、鬱にも陥りにくくなるのです。

(次ページ:多くの不満と要望が却下されたのに、自分の要求だけが通った)

次のページ
多くの不満と要望が却下されたのに、自分の要求だけが通った >



関連記事

編集部のおすすめ

付き合っているうちに彼に対する不満が出てきます。我慢すべきですか?……恋愛相談

井上香織

ディズニーのDNA ~ ゲストの不満をチャンスに変えるやり方

ホリテーマサロン テーマパーク研究会

「脳の疲れ」がスーッととれる!“癒しホルモン”オキシトシンの増やし方

有田秀穂(東邦大学医学部教授)

日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 心理学者が家賃の値下げに成功した話。ガイ・ウィンチの上手に不満を伝えるコツ

×