ホーム » 趣味・教養 » 相手を黙らせようと反論する、すぐに否定する…日本人が使いがちな「非論理的な話し方」

相手を黙らせようと反論する、すぐに否定する…日本人が使いがちな「非論理的な話し方」



2021年01月25日 公開

小野田博一

 

反論では、相手を黙らせようとしてはならない

日本人には、反論を述べようとして、相手を黙らせることを目的とした発言をする人がたくさんいます。議論の際には「相手を黙らせようとする発言」をしてはいけません。

あなたが述べるべきことは、「あなたの主張を述べ、その主張を支えるものを(相手が理解できるように詳しく丁寧に)述べること」です――ただそれだけです。

それ以外のことを述べたら反論ではありません。反論のつもりで「そんなことを言うなんて、非常識だ」と言うのがダメなことは、もう十分わかりますね。それでは反論ではありません。

 

一旦認めたうえで「しかし」――これはダメ

「確かにあなたのおっしゃるとおりです。でも**」

これは矛盾。肯定してから否定しているので。この形(一旦認めたうえで「しかし」)は、日本ではけっこう好まれていますが、英語圏では嫌われています。

否定する前に肯定したいなら、必ず「部分的な肯定」にしましょう。たとえば「△△の点は、あなたのおっしゃるとおりです。でも**」という具合に。その形にすれば、矛盾ではありません。

 

論理構造と関係のないことを書いてはいけない

例を示します。

【例】「Aである。ゆえにBすべきである」

この中に「AとなったのはCのせいかもしれない」を入れてはいけません。日本人が書くことの多い「論理構造と関係のないこと」は次に1項として独立させて扱います。



関連記事

編集部のおすすめ

“国語の神様”が乃木坂46・鈴木絢音に伝授した「文章を書くコツ」

金田一秀穂(杏林大学教授)&鈴木絢音(乃木坂46)

「文章が上手くて早い人」が選ぶ書き出しは“たったの2種類”

はやみねかおる(児童書作家)

「文章が書けない」と悩む人の9割が勘違いしていること

竹村俊助(編集者)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 趣味・教養 » 相手を黙らせようと反論する、すぐに否定する…日本人が使いがちな「非論理的な話し方」

×