ホーム » 生活・健康 » 朝食には必ず炭水化物(糖分)を!~医者がすすめる健康習慣

朝食には必ず炭水化物(糖分)を!~医者がすすめる健康習慣

2014年01月28日 公開

中原英臣(新渡戸文化学院大学学長)

こんな健康法はおやめなさい』より

医者がすすめる朝食の習慣

中原英臣氏は、近著『こんな健康法はおやめなさい』で、健康で幸せな日々を送るための生活習慣(健康習慣)として11項目を紹介しています。ここでは、一日のスタートで大切な朝食の習慣をご紹介します。

 

「朝食を抜くと太る」という説も

 生活習慣といえば、最近の日本人は朝食を食べない人が増えているようです。しかし、朝食は食べる習慣を付けるべきですし、とくにご飯やパンなどの炭水化物を必ず摂ることが大切です。

 まず、朝食を時間がないので食べないなどというのは論外です。そのようなルーズな生活習慣こそが不健康の象徴といえます。

 また最近は、ダイエット目的で朝食を食べないという人もいるようです。たしかに朝食を食べなければ、その分だけカロリー摂取が減って体重を落とせるかのようですが、医学的に見るとそう単純なものでもありません。

 まず、朝食を抜くと、その前の食事の後から食べない状態が長く続くことになります。いわば飢餓のような状態になっていく前段階になるのです。そのようなとき、人間の体は予防しようとします。

 具体的には、本能的に脂肪を貯め込もうとする働きが強くなるのです。体全体の仕組みがそういう状態になるので、かえって太りやすくなり、むしろダイエットには逆効果だという説もあります。

 朝食をとらないような生活サイクルにすると、排泄時間が不規則になる面もあります。午前中に排泄するのは、一日の生活サイクルをスムーズにしますが、そうでないのはダイエットにもマイナスかもしれません。

 

炭水化物は一日の活力源

 このように朝食を規則正しくとる食生活は、生活習慣としても望ましいのですが、さらに朝食には炭水化物を摂るとよいでしょう。炭水化物は、一日をスタートさせる活力源だからです。

 炭水化物は、人間の活動に必要なエネルギーをつくり出すための栄養素といえます。主な要素は糖質です。

 1グラムあたり4キロカロリーのエネルギーがあります。摂取すると、活動するエネルギーになるだけでなく、幸福感を感じたりリラックスするという効果があるのです。

 体に入った炭水化物は、日常の生活活動の中で消費されます。消化、分解されて、一部は血液に乗り活動エネルギーとして消費されるのです。

 しかし、一部は筋肉や肝臓にグリコーゲンとして蓄えられます。ただ、すべてではなく、肝臓や筋肉に入りきらないで余ったものは、脂肪として身体に蓄積されるのです。

 つまり、過剰摂取したり適切に消費されなかったりすると、体脂肪として体内に蓄積され、高脂血症、脂肪肝、動脈硬化などを引き起こす可能性もあります。このため、栄養素のうち炭水化物だけを抜くダイエットもあったりして、目の敵にされたりしたこともありました。

 しかし、人間は脳を活性化するためには糖分が必要になるのです。脳のエネルギーとなるのはブドウ糖だからです。糖分が体を目覚めさせるのです。

 これが、朝食ではご飯やパンなどの炭水化物を中心にメニューを考えるといい理由なのです。かりに体重をコントロールしたいのなら、炭水化物を中心にしながらも低カロリーにすることを考えるといいでしょう。

 

健康で幸せな日々を送るための11の生活習慣

​1、寝る前と朝起きたときのコップ1杯の水
2、帰宅後のうがいと手洗い
3、朝食には必ず炭水化物(糖分)を
4、フッ素入りの歯磨き粉と食後のキシリトールガム
5、1日100歩よけいに歩く
6、お酒を飲むなら週に1晩の休肝日を
7、タバコを吸う人は禁煙!
8、野菜を毎日1皿プラスする
9、踏み台昇降(階段なら1段の昇降)を1日50回
10、1回20~30分のウォーキングを週3日
11、塩分の摂取は1日10グラム以下に

以上、11の「生活習慣」を1つでもいいですから、できることからはじめてみてください。

『こんな健康法はおやめなさい
中原英臣著
マスコミが続々と宣伝する、「お手軽で怪しげな健康法・ダイエット法」。たやすく騙されない目を持つための基礎知識を医者の立場で解説。



関連記事

編集部のおすすめ

やせたい人は、今夜もビールを飲みなさい―メタボが気になる方に朗報!

安中千絵(管理栄養士、食・健康コンサルタント)

朝カレーでもOK! ハッピー人生をつくる「朝ごはん」のパワー

永山久夫(食文化史研究家、長寿食研究家)

たったひとつの朝の習慣で、仕事の効率が大きく変わる

高島徹治(資格コンサルタント)

『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生活・健康 » 朝食には必ず炭水化物(糖分)を!~医者がすすめる健康習慣

×