PHPオンライン衆知 » WEB特別企画 » 女性のための老子<7>「善行に轍跡なし」

女性のための老子<7>「善行に轍跡なし」

2015年12月01日 公開

早島妙聴(一般財団法人日本タオイズム協会理事長・道家<道>学院 副学長)

PHPスペシャル2015年11月号より》

<今月のTAOの言葉>

善行に轍跡なし

本当に良い行ないとは、跡を残さない

 

善行とは、跡も残らない自然な道

 さあ今月は、善行とはどのような行ないなのかについて、古代中国に書かれた世界的名著『老子』第27章から、学んでみましょう。私たちは、子供のこから自分が社会や人の役に立ち、必要とされている、と思えることで喜びや満足を感じることができます。「あなたのおかげよ」なんていわれると、つらい仕事も頑張ることができますし、時にはそれが生きる張り合いにさえなります。ですから、人のためと思ってした良い行ないが評価されたり、表彰されたりすると非常に喜び、また逆に誰も気付いてくれないと不満に思ったり、がっかりしたりします。ですが、『老子』は教えています。本当に天の道に沿った善行とは、誰がやったかわからない、跡さえ残さず、恩にもきせない自然の行動だというのです。

 

あたりまえの日々こそ大切に

 たとえば、母親が子供を育てる時は、恩を感じてほしいなんて気持ちは全くありません。熱を出せば寝ずに看病し、食欲がなければ心配して、食べられそうなものをつくる。その母親の姿こそが、誰にも表彰されないけれど、最も無為自然の善行なのではないでしょうか。私たちはつい、自分の人生について考える時、形として残っている華やかな表彰や社会での地位、財産など、他人に賞賛されるような形あるものを探してしまいがちですが、実は本当に大切な人生の価値は、そこにはないのです。夫や子供や仕事に向き合って、迷ったり悩んだりして、頑張って乗り越えてきた日々の積み重ねこそが、あなたの大切な人生の宝なのです。そしてあなた自身が、その宝に気付くことで、あなたには、明るい明日が開かれることでしょう。さあ、胸をはって前進しましょう。あなたの明るい人生の旅は、まだ始まったばかりなのです。

著者紹介

早島妙聴(​はやしま・みょうちょう)

東京都生まれ。一般財団法人日本タオイズム協会理事長・道家<道>学院学長。お年寄りから子供まで、わかりやすいタオイズムを伝え、健康で幸せな人生に活かすタオイズムの真髄を伝えている。

関連記事

編集部のおすすめ

女性のための老子 今月のTAOの言葉(連載一覧)

早島妙聴(一般財団法人日本タオイズム協会理事長・道家<道>学院 副学長)

女性のための老子<6>「企つ者は立たず」

早島妙聴(一般財団法人日本タオイズム協会理事長・道家<道>学院 副学長)

女性のための老子<5>「曲なれば則ち全うす」

早島妙聴(一般財団法人日本タオイズム協会理事長・道家<道>学院 副学長)

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » WEB特別企画 » 女性のための老子<7>「善行に轍跡なし」

×