ホーム » 経営・リーダー » グーグルの社是と「10の事実」~空気のようにオフィスに宿る経営理念

グーグルの社是と「10の事実」~空気のようにオフィスに宿る経営理念

2011年11月19日 公開

PHP松下幸之助塾編集部

グーグルにおける経営理念の存在意義とは?
※本稿は『PHP Business Review 松下幸之助塾』2011年9・10月号より一部抜粋・編集したものです
 

能力を発揮する職場のための理念とは

20歳代から30歳代のビジネスパーソンに「あなたはどの会社に転職したいですか」という質問をしたところ、「グーグル」だと回答した人が昨年に引き続き一位だったことが、転職サービス「DODA(デューダ)」の調査でわかった。事業の先進性、スピード感に対する好感度もさりながら、支持が高かったのは社員の能力を最大限発揮させるための職場への配慮・待遇であった。

自由で明るく、思う存分仕事ができるイメージ。それはだれもが望むところだろう。それがまた新卒社員に限らず、中途採用者にも開かれたイメージとして受け止められ、また実際に社員の期待に応えているのがグーグルである。

こうした、自由が保証されつつ、新旧の別なく社員が生き生きと働ける職場とは、容易につくれるものではない。まして日本企業の常識的な考え方では、新入社員には何より、理念教育を課し、理念への理解が社員に暗記され、一通りの理解がなされなければ、正社員とは見なされないといった向きも多いのではないだろうか。

注目されるのは、グーグルの場合、そうした自由で奔放な社風や文化をつくっているのは、これもまたグーグルならではのユニークな経営理念である、ということだ。

グーグルの経営理念は社員の頭の上からのしかかってくるものではない。努力して文章を頭に覚えこませた存在ではなく、日常の仕事の中でいつも社員のとなりにあるものだという。この稿では、グーグルにおける経営理念の存在意義を現場のエンジニアの声を通してレポートしてみたい。

次のページ
現場のエンジニアが語る社是と「10の事実」 >



経営・マネジメント誌「衆知」

発売日:
価格(税込):円

関連記事

編集部のおすすめ

辻野晃一郎・成功体験を捨てよ、世界はまるで違って見えてくる

辻野晃一郎(元グーグル日本法人社長)

村上憲郎・元グーグル日本法人社長の 「営業・商談」でのモノの言い方

村上憲郎 (〔株〕村上憲郎事務所代表取締役)

「ポケモンGO」大成功の陰に…ジョン・ハンケが味わった天国と地獄

大熊希美(翻訳家)
DRAGON JAPAN 龍の日

アクセスランキング

DRAGON JAPAN 龍の日
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 経営・リーダー » グーグルの社是と「10の事実」~空気のようにオフィスに宿る経営理念