ホーム » 生き方 » 今から育てる! 医学部に合格する“医学部脳”の作り方

今から育てる! 医学部に合格する“医学部脳”の作り方

2018年09月20日 公開

犬塚壮志(元駿台予備校化学講師、東京大学大学院生)

犬塚壮志

<<加熱し続ける医学部人気。過去と比べても、どの大学のどの医学部であっても超高倍率の状態が続き、狭き門はさらに狭くなっているのが現状だ。

『偏差値24でも、中高年でも、お金がなくても、今から医者になれる法』を上梓し、500人超の東大生、2000人超の医学部生を生んだ元カリスマ予備校講師の犬塚壮志氏。

医学部に合格するためには、"医学部脳"が必要であると主張する犬塚氏が、受験生の"医学部脳"を育てるコツを語る。>>

 

医学部に受かるための"医学部脳"とは?

医学部に受かる子と落ちる人の間には明確な違いがあります。

これまで予備校講師という立場から、2,000人以上の医学部受験生が合格していく姿を見てきましたが、医学部に合格していく受験生たちと、残念ながら合格に届かなかった子たちとの間には明確な違いがあるということに気づきました。

そして、そういたった生徒たちとコミュニケーションをとっていくと、その違いが親御さんの育て方による影響が少なくないと痛感したのです。医学部に合格する受験生には、親御さんによるある特徴的な育て方があるのです。

詳しくはこの後お話ししていきますが、そういった教育の中で育って医学部に合格していった子たちに共通した考え方や思考を、私は“医学部脳”と呼んでいます。

ただ、この“医学部脳”というのは先天的に天才がもつ脳ではなく、教育によって誰でも身につけることができるものです。受験の専門知識を持たない親御さんでも、お子さんの“医学部脳”を伸ばしてあげることはもちろん可能です。

今回は、その“医学部脳”を伸ばす5つのコツをお話ししていきます。

次のページ
中学校を卒業するまでに、自己管理ができる子にする >



関連記事

編集部のおすすめ

医学部に受かる人、落ちる人 カリスマ予備校講師が見つけた5つの違い

犬塚壮志(元駿台予備校化学講師、東京大学大学院生)

「算数ができる子」の親の共通点とは

大迫ちあき(M&C Study room主宰)

「さくらんぼ計算?」「こんなの習ってない!」 親が知らない今どきの小学生の算数

小杉拓也(東大卒プロ算数講師、志進ゼミナール塾長)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 今から育てる! 医学部に合格する“医学部脳”の作り方

×