ホーム » 生き方 » 話題のLGBT映画『カランコエの花』監督・中川駿 「傷つけるより離れるほうが寂しい」

話題のLGBT映画『カランコエの花』監督・中川駿 「傷つけるより離れるほうが寂しい」

2018年09月27日 公開

中川駿(映画監督/イベントディレクター)

友人がLGBTだと分かった時に、感じたことを素直に受け入れる

映画『カランコエの花』より(監督:中川駿)
映画『カランコエの花』より

――確かに、この映画は、LGBTの当事者の目線ではなく、当事者を取り囲む周囲の視点で、終始、物語が進んでいましたね。

(中川)そうなんです。この物語は、とある高校で突然LGBTの授業が行われたことによって、「この中にLGBTの生徒がいるのではないか」と、生徒たちの犯人捜しが始まってしまうというストーリーです。

もちろんLGBTの当事者が登場しますが、その当事者を取り囲む生徒や先生の目線や言動をより自然なものにしたいという気持ちがありました。

基本的には各シーンの役割や約束事は決めておいて、「それ以外は好きにやっていいよ」と役者に伝え、ほとんどハンディ(カメラ)で役者の動きに合わせて撮影をしていました。だから僕たちスタッフも役者が次に何をするか分からないんですよ。

また、映画を撮るにあたって、LGBTの方への取材等も一切行っていません。本当に、ありのままの私の心情を描きだしたかったのです。

――差別心を一切持っていないと自負する人であっても、もし映画と同じ環境のクラスの生徒であったら、どうなるか分からない怖さを覚えました。エンドロールにも考えさせられるものがありました。

(中川)この映画では、周囲の人が具体的にどう振る舞ったら正解かということは描いていません。

それ以前まで、友人として普通に接していたのに、LGBTだと分かった途端、相手を見る目線が変わってしまうことは誰しもにあり得る話です。映画を観た方自身が感じ取った気持ちを、素直に受け入れてもらえたらと思っています。

エンドロールについてもいろいろな評価をいただいています。

それぞれのシーンを、それぞれの人が自由に感じ取ってほしいというのが僕のスタンスです。
僕はもともと、映画に音楽を入れるのが好きではありません。悲しい音楽を入れことによって「このシーンでは感動しろ」「悲しめ」と観客の感情を強制したくない。

実際に映画を観ていただければうれしいのですが、エンドロールについては、こういった僕の映画に対する考え方が表れています。

ひとつ監督として観客の皆様にメッセージを送らせて頂くとしたら、この映画を観て「失敗から学ぶことを大切にしてほしい」ということです。

違和感を抱くのは間違いじゃない >


癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

中川駿(なかがわしゅん)

映画監督/イベントディレクター

1987年 石川県生まれ。東京都在住。
大学卒業後、イベントの制作会社にて勤務。その後独立し、イベントディレクターとして活動する傍らで、ニューシネマワークショップにて映画制作を学ぶ。現在はフリーランスのイベント/映像ディレクターとして活動中。監督作品は『time』『尊く厳かな死』『カランコエの花』『UNIFORM』。

関連記事

編集部のおすすめ

末期ガンを周囲に知られて起こる「優しい虐待」【幡野広志】

幡野広志(写真家)

歌人・穂村弘「革ジャンを貸した。傷だらけで僕に返してきた。その友だちに憧れる」

穂村弘(歌人)

祝『万引き家族』パルムドール受賞記念! 主演リリー・フランキー×是枝裕和監督、懐かしの対談を一部公開



WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 話題のLGBT映画『カランコエの花』監督・中川駿 「傷つけるより離れるほうが寂しい」

×