ホーム » 生き方 » 話題のLGBT映画『カランコエの花』監督・中川駿 「傷つけるより離れるほうが寂しい」

話題のLGBT映画『カランコエの花』監督・中川駿 「傷つけるより離れるほうが寂しい」

2018年09月27日 公開

中川駿(映画監督/イベントディレクター)

中川駿(映画監督/イベントディレクター)

<<LGBT――この言葉を中心として政治家の発言や出版社の動向にも注目が集まり、セクシャルマイノリティ差別についての社会的議論を巻き起こしている。

そんな状況のなかで、東京・渋谷であるLGBTを題材とした一本の映画が話題を集めている。題名は『カランコエの花』。レインボーリール東京グランプリ(東京国際レズビアン&ゲイ映画祭)グランプリほか、映画祭6冠を含む計13冠を受賞するなど、評価は日増しに高まっている。

なぜ今、LGBTをテーマとした映画を作ったのか、そして監督自身がLGBTをどう考えているのか。中川駿監督にその思いを聞いた。>>

 

『カランコエの花』のコンセプトはLGBT当事者でなく周囲の目線

――このテーマで映画を撮ろうと思ったきっかけを教えて下さい。

(中川)渋谷区で同性パートナーシップが認められ、連日、LGBTがニュースで話題になっていたことが大きな契機となりました。

恥ずかしながら、僕自身、そこではじめて「LGBT」という言葉とその問題の難しさを知り、このテーマで映画を撮ることの必要性を強く感じたのがきっかけです。

ところが、テーマを決めていざ脚本を書こうとすると、手が止まってしまうのです。(LGBTではない)ストレートの自分がLGBTの人の葛藤を描くのは、想像に頼る部分が多くなってしまうし、不誠実ではないか、しかも時代的にもセンシティブなこのテーマに、軽々しく手は付けてはいけないのではないか、と。頭を抱えてしまいました。

思い悩んでいた時に、映画仲間の友人と話す機会があり、その折に当事者でもない自分がLGBTをテーマとした映画を撮っていいものか、と打ち明けました。すると、友人はこう私に言いました。

「その考え方がそもそも差別だよね」

つまり、そうやって”センシティブな題材だから””この問題に手を付けられない”と、このテーマから距離を取ってしまっていること自体が結果的に“差別”になってしまっていると指摘してくれたわけです。

また、ゲイの男性のブログとの出会いも大きなカギになりました。

そのブログには、「自分がゲイであることを人に伝えると、『教えてくれてありがとう』という言葉に続けて、『絶対誰にも言わないからね』と必ずといっていいほど言われる」と書かれていました。

ゲイであることを自分自身は何も悪いことだと思っていないのに、周りが「秘密にするね」という対応をする。あたかも、自分か悪いことをしているのかという気持ちになりますよね。

先ほどの友人に指摘されたことと重なりました。
周囲の善意や配慮が、結果的に差別につながることがあるのです。
僕にとって大きな気づきなりました。これをコンセプトに映画を製作することを決めたのです。


癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!

著者紹介

中川駿(なかがわしゅん)

映画監督/イベントディレクター

1987年 石川県生まれ。東京都在住。
大学卒業後、イベントの制作会社にて勤務。その後独立し、イベントディレクターとして活動する傍らで、ニューシネマワークショップにて映画制作を学ぶ。現在はフリーランスのイベント/映像ディレクターとして活動中。監督作品は『time』『尊く厳かな死』『カランコエの花』『UNIFORM』。

関連記事

編集部のおすすめ

末期ガンを周囲に知られて起こる「優しい虐待」【幡野広志】

幡野広志(写真家)

歌人・穂村弘「革ジャンを貸した。傷だらけで僕に返してきた。その友だちに憧れる」

穂村弘(歌人)

祝『万引き家族』パルムドール受賞記念! 主演リリー・フランキー×是枝裕和監督、懐かしの対談を一部公開



WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

癒しフェア2018 東京(8月)、大阪(3月)出店者大募集!!
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 話題のLGBT映画『カランコエの花』監督・中川駿 「傷つけるより離れるほうが寂しい」

×