ホーム » 生き方 » 般若心経を現代語に訳してみるとどうなるか?

般若心経を現代語に訳してみるとどうなるか?

2018年11月19日 公開

金岡秀友、講談社学術文庫編集部

 

262字にこめられた大乗仏教の思想

お経と言えば「般若心経」。お葬式では必ずというぐらいよく唱えられ、日本人にとってもっともなじみ深い仏教経典である。

仏教学者・金岡秀友さん校注の『般若心経』(講談社学術文庫)では、このお経の重要性を解説したうえで、実際にお経の本文をわかりやすい現代語に訳している。

金岡さんによれば、「『般若心経』の歴史は、わが国の仏教の歴史と一致するほど古く、その信仰も、すべての宗派、あらゆる階層を通じて行われた」とのことである。

しかも、般若心経の本文は300字に満たないとても短いが、その背景には、大乗仏教という大きな思想体系が存在しているという。「無限に豊富な思想的・実践的価値を内蔵している。この経典によりながら、善家や真言の行者、あるいは在俗の達人がはかりしれぬ生命をここから引き出して行った」とのことだ。

では、実際にそこには何が書かれているのだろうか? 以下に、金岡さんによる現代語訳の全文をご紹介しよう。ここでは詳しい解説を避けるが、みなさんはここから何を感じるだろうか?

次のページ
『般若心経』を現代語に訳すとこうなる >



関連記事

編集部のおすすめ

「般若心経」は生きる指針となる

苫米地英人(脳機能科学者)

死に追い詰められた大学教授が熊野を目指した理由

金山秋男(明治大学法学部教授)

玄侑宗久/「大目にみる」 - 今、日本人に必要なこと

玄侑宗久(作家、臨済宗妙心寺派福聚寺住職)

『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー

WEB特別企画<PR>

WEB連載

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

WEB連載

『龍使いになれる本』10万部超の著者大杉日香理と歴史NO.1雑誌『歴史街道』 編集長と行く! 香取神宮 日帰りバスツアー
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 般若心経を現代語に訳してみるとどうなるか?

×