ホーム » 経営・リーダー » 「頑張れ」がNGワードの会社が好調な理由

「頑張れ」がNGワードの会社が好調な理由

2019年08月07日 公開

中村朱美(佰食屋:ひゃくしょくや)

 

丁寧に暮らしたい。でも、物理的な時間はどこにある?

花瓶に花を活ける。植木に水をやる。

3月には雛人形を、5月には兜を飾って、クリスマスにはツリーを飾る。お正月には玄関先にしめ縄を掲げて、「あけましておめでとう」と言う。

朝、子どもを保育園へ連れていくとき、「早く靴を履きなさい!」と、焦って叱ることもありません。雪が積もっていたら、「わぁ、ちょっと遊んでいこか!」と、小さな雪だるまをつくって、雪合戦をする。

なに気ない毎日を丁寧に生きられる心の余裕─。

「丁寧に暮らしたい」「毎日を大切に生きたい」という言葉を、よく耳にします。けれどもその願いは、そもそも物理的に時間を確保しなければ、実現不可能です。

そして残念ながら、日本に住む多くの人が、その時間すら持てず、日々の仕事に追い立てられている……なんて理不尽なことでしょう。「みんなそうしているから、しかたない」そんなふうにあきらめていいのでしょうか。

道端に咲く花を、美しいと思える。庭の落ち葉を拾って、手入れする。一瞬でも見逃すことのできない、子どもの成長をそばに感じられる。そんな日常を取り戻してほしい。

心の余裕と時間は、ベーシックインカムより前に人生において保障されるべきものだ、と思うのです。

 

働き方改革が叫ばれる何年も前に働き方を変えた

仕事は本来、人生を豊かにするためにあるもの。仕事だけが人生ではないはずです。ですから佰食屋の従業員にも、仕事をなるべく早く終えて、それぞれ思い思いの時間を過ごしてほしい、と考えています。

これは、佰食屋の従業員からもらった実際の言葉です。

・「佰食屋に入社して初めて、子どもと一緒にお風呂に入れるようになった」
・「18時からはじまるバレーボールのサークルに参加している」
・「帰宅が早すぎて、本当に会社に行っているの? と奥さんに不思議がられた」

これらは、飲食業界で働く人にとっては、驚くべきことです。これまで「しょうがない」と思われてきたことを、変えていきたい。

そうやって、2012年のオープン時から、自分たちが働きたいと思える会社のあり方を追求してきました。働き方改革が叫ばれる、ずっとずっと前のことです。

次のページ
もう「頑張れ」なんて言いたくない「仕組み」で人を幸せにしたい >



関連記事

編集部のおすすめ

「売上計画は無意味」を証明してしまった女性経営者

中村朱美(佰食屋:ひゃくしょくや)

“33歳の女性”を役員に抜擢した老舗「くず餅屋」 社内に生まれた「不満と団結」

渡辺雅司(船橋屋 代表取締役八代目当主)

「ビルから飛び降りろ」上司の暴言を浴びても…日本の会社員が“奴隷化”する理由

橘玲(たちばなあきら:作家)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 経営・リーダー » 「頑張れ」がNGワードの会社が好調な理由

×