ホーム » 生き方 » 「すぐに張り合ってくる人」が“人生を焦っている”のはなぜか

「すぐに張り合ってくる人」が“人生を焦っている”のはなぜか



2021年01月30日 公開

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

 

あなたを見下げる人は、劣等感に苦しんでいる

好かれたいのに、自慢話などして嫌われる行動をしてしまうのはなぜか?その理由は二つある。

一つは、自分の好きなことがないから。もう一つは、周囲の人と張り合っているからである。

もちろん、この二つは関係している。好きなことがないから人と張り合ってしまうのである。

欠けているところを認められないのは、「あいつに負けて悔しい」とか、「私を軽蔑したあの人が許せない」とかいう、「あいつ」や「あの人」がいるからではないだろうか?

小さいころ、あるいは大人になってから、だれかに傷つけられることを言われた。自分に欠けているところをバカにされた。

そのときの心の傷に、その後の人生を支配されてしまっているのである。自分を見下げた人を許せないのである。だからどうしても、自分に「それ」が欠けていることを認められないのである。

頭の悪いことをバカにされた。そこで、「どうせオレは頭が悪い」と投げやりになった。

あるいはことさらに、「オレは頭がいい」と周囲の人に見せる。「オレは頭がいい」と言い張る。そう見えるための努力をする。

そして、頑張って燃え尽きる。燃え尽きる人は意味のない努力をしているのである。

燃え尽きるときに、エリートコースに乗っていても意味がない。エリートコースに乗っている人が生命力があるわけではない。こうして、燃え尽きる人はいろいろと勘違いをしている。

まず、あなたの欠けているところを指摘してあなたを見下げようとする人は、ひどい劣等感に苦しんでいる。

やさしい人は心が満たされている。心が満たされている人は相手を認める。だから、あなたの欠けているところを指摘してあなたを見下げる人は、心が満たされていないのである。

その人があなたを認めないのは、その人自身が自己蔑視に苦しんでいるからだ。自己蔑視に苦しんでいる人の一言一言を、どうしてそんなにまで重要視するのか。

あなたを見下げた人は、心理的に溺れかかっている。その人はあなたを軽蔑することで、自分の心を癒そうとしている。じつは、その人と張り合っているあなたも、劣等感に苦しんでいる。

やさしい人は燃え尽きない。それは、自分の弱点をうけいれているから燃え尽きない。やさしい人の努力は報われる。

 



関連記事

編集部のおすすめ

「他人と一緒に居るのが苦痛な人」が抱える”不快感”の正体

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「誰からも嫌われたくない人」が誰からも好かれなくなる皮肉

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「他人に罪悪感を押し付けてくる人」との上手な付き合い方

心屋仁之助(心理カウンセラー)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 「すぐに張り合ってくる人」が“人生を焦っている”のはなぜか

×