PHPオンライン衆知 » 生き方 » 「私はつらい」と周囲に漏らす人が、絶対に表に出さない本音

「私はつらい」と周囲に漏らす人が、絶対に表に出さない本音

2021年11月23日 公開

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

 

いつも悪口や嘆いている人の本当の感情

嘆きの原因は、満たされない退行欲求であるが、もう一つある。

人の悪口や嘆きは、隠された怒りが脳の扁桃核に溜まっていることを表している。それは過去に表現されなかった、全然関係ない怒りの感情が、いま形を変えて表現されてきているのである。

たとえば交流分析などで、いくら「愚痴と後悔は敗者の専売特許」と言われても、隠された怒りが溜まっている人は愚痴と後悔をやめるわけにはいかない。

つまり愚痴と後悔は、その人にとっては強迫性である。やめようとしてもやめられない。愚痴と後悔をやめようとしてやめられないのは、その人にとって、愚痴と後悔が無意識の必要性だからである。

表面的に見て、頭では「やめたほうが良い」と分かってもやめられないことは、その人にとっては、それをすることが無意識の必要性なのである。

本人は意識の上でやめようとしていても、心の底のそのまた底では、それをしたい。それをすることがその人にとって必要なのである。そうしているからこそ気がおかしくならないで、何とか正気を保って生きていられる。

過去を取り返そうとして、取り返せなくて嘆いている人は、変化を受け入れられない。生きるエネルギーがない。とにかく嘆く以外に生きる方法がない。

その背後には隠された怒りがある。

「ああすれば良かった、こうすれば良かった」と言っている時には「自分を乗り越えていない」。退行欲求に振り回されている。

自分の生きてきた道を否定している人は自分を乗り越えていない。満たされていない退行欲求にしがみついている。

 

関連記事

編集部のおすすめ

「成功してるのに苦しい人、失敗しても幸せな人」の決定的な違い

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「ずるい人」と「カモにされる人」を分ける“決定的な違い”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

TOEIC950点の女性が「時給900円」で働く理由…“嫉妬の感情”の怖さ

大嶋信頼(心理カウンセラー、株式会社インサイト・カウンセリング代表取締役)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 「私はつらい」と周囲に漏らす人が、絶対に表に出さない本音

×