PHPオンライン衆知 » 生き方 » さみしさでSNSばかり見ていない? 精神科医がすすめる「孤独力の身につけ方」

さみしさでSNSばかり見ていない? 精神科医がすすめる「孤独力の身につけ方」

2021年11月24日 公開

保坂隆(精神科医)

保坂隆

「ひとり」の時間は、あなたの人生に大きな価値をもたらします。孤独を恐れず、時には周囲から離れて、ひとりの時間を楽しみましょう。

※本稿は、『PHPスペシャル』2021年12月号(PHP研究所)より、内容を一部抜粋・編集したものです。

 

「孤独」と「孤立」の違い

あなたは「孤独」と聞いて、どんな印象を抱くでしょうか?

さみしい、ひとりぼっち、暗い、といったネガティブなイメージをもつ人が多いかもしれませんね。孤独を感じるのが怖くて、「いつも誰かと一緒にいたい」「仲間と群れていたい」という人や、「ひとりでいるときはSNSばかり見ている」という人も中にはいるでしょう。

確かにひとりでいるのは、さみしいものです。でも、「孤独」と「孤立」は違います。「孤立」とは、人との関係が絶たれ、ひとりでいることを強いられた状態。場合によっては、精神状態に悪影響を及ぼすこともあります。一方の「孤独」は、みんなと一緒にいることと、ひとりでいることを主体的に選べ、ひとりでいることを選んだ状態です。

 

人生の豊かさは、ひとりの時間をどう過ごすかで変わる

改めて「孤独=ひとりの時間」について考えてみましょう。ひとりの時間は誰にも邪魔されず、自分が好きなように使える時間。じっくり考えたり、趣味を楽しんだり、勉強したり、新しいことにチャレンジしたりできる時間です。

以下の4つを見てください。これらは、ひとりの時間があなたにもたらしてくれるものです。ひとりの時間を有効に使えるかどうかで、人生の豊かさに差が出ると言ってもよいでしょう。

・自分と深く向き合うことができる
・精神的に自立できる
・新しい世界が開ける
・自分のやりたいことができる

無理に周囲に合わせることなく、自分らしくいられるひとりの時間は、心地よく感じるはず。さみしさを紛らわせるためにスマートフォンばかり見ていてはもったいないです。人生を自分らしく豊かに生きるために、ひとりの時間を積極的に楽しみましょう。

次のページ
ひとりの時間で自分と深く、ゆっくり向き合う >

関連記事

編集部のおすすめ

承認欲求? 依存?「さみしさを埋める」ためにやりがちな4つのこと

反田克彦(あさなぎクリニック・心療内科院長)

誰にでも“いい顔”をする人が見失っている「自然な人間関係のつくり方」

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「本当は嫌いなこと」を自覚すれば、“生きづらさ”が和らぐ

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » さみしさでSNSばかり見ていない? 精神科医がすすめる「孤独力の身につけ方」

×