PHPオンライン衆知 » 生き方 » さみしさでSNSばかり見ていない? 精神科医がすすめる「孤独力の身につけ方」

さみしさでSNSばかり見ていない? 精神科医がすすめる「孤独力の身につけ方」

2021年11月24日 公開

保坂隆(精神科医)

 

新しい世界に気づくことができる

散歩も貴重なひとり時間です。ひとりなら、誰に気をつかうこともなく、散歩中に目にするものを自分のペースで観察することができます。気になるものがあったら、長時間そこにとどまることもできます。

花の名前を知りたくなったり、珍しい形の雲の写真を撮りたくなったりするかもしれません。散歩で見つけたものをスケッチしたり、詩やエッセイを書いたりするなど新しい趣味が生まれることもあるでしょう。気持ちのよい風に当たった瞬間に思いがけないアイデアが浮かぶこともあります。

このようにひとりの時間は、誰かと一緒にいるときには気づかなかったことに気づけたり、新しい世界を開くチャンスとなったりする、クリエイティブな時間でもあるのです。

 

自分の本当にやりたいことができる

死が近づいたときに人は何を後悔するのか――「本当に自分がやりたいことをやらなかった」と後悔することが多いのです。人生の終末期にそうした思いを抱えないためにも、ひとりの時間をもち、自分がやりたいことをやっていきましょう。

何をしたらいいのか迷ったら、何となくやりたいと思っていることをリストアップして、その中から実現可能なものを選び、挑戦してみてください。学生時代にのめり込んでいたことをやり直す、学校に入り直して勉強する、ほかにもグルメ探検、ひとり旅、川柳や俳句、カラオケなど何でもOK。

お金がなければ、あらゆるツールを利用して情報を集め、なるべくお金をかけずに実現させる方法を模索しましょう。そうしたプロセスも案外楽しいものです。

次のページ
ひとりの時間を楽しんで生きるために >

関連記事

編集部のおすすめ

承認欲求? 依存?「さみしさを埋める」ためにやりがちな4つのこと

反田克彦(あさなぎクリニック・心療内科院長)

誰にでも“いい顔”をする人が見失っている「自然な人間関係のつくり方」

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「本当は嫌いなこと」を自覚すれば、“生きづらさ”が和らぐ

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » さみしさでSNSばかり見ていない? 精神科医がすすめる「孤独力の身につけ方」

×