ホーム » 経済 » GAFAも大注目する「イスラエル」“中東のシリコンバレー”の真の実力

GAFAも大注目する「イスラエル」“中東のシリコンバレー”の真の実力



2019年12月03日 公開

真田幸光(愛知淑徳大学教授)

 

砂漠地帯の多さが育んだ先進的な農業技術

また、イスラエルのバイオ、アグリなどの農業技術は先進的であり、国土のほとんどが砂漠または半砂漠で、降雨量も少ないという農業には厳しい環境ながら、食糧のほとんどを自給でき、農産物の輸出も行う農業大国となっています。

少ない水資源を有効に活用するため、水のリサイクルに力を入れ、リサイクル率は70%を超えており、また水の利用効率が高い点滴灌漑を行っています。

そうした設備の制御は、携帯電話などのモバイル機器からも可能であるという点がイスラエルらしい特徴です。さらに、取水も効率的であり、ヨルダン川の流域は3%しかイスラエルを通っていないのに60%を国内需要に充てているといわれています。

そして、なんと海水淡水化にも優れた技術を持ち、2005年以降、地中海沿いに相次ぎ淡水化プラントを設置し、2017年時点ではイスラエルで消費される飲料水の約8割が海水から作られているそうです。車載型の海水淡水化装置も実用化されています。

イスラエルのWatergen社は大気中の水分から飲料水を作る技術を持ち、水道の漏水防止や運営管理などを海外で請け負う企業もあります。

こうしたイスラエルに魅力を感じたインドのモディ首相は、2017年7月に、イスラエルとの間で水・農業分野の協力覚書を結んだほどです。

 

ダイヤモンドと兵器の輸出が支える経済

ダイヤモンド産業もイスラエル経済を語る上で重要な位置を占めるとされています。

イスラエルはダイヤモンドの流通拠点として世界的に有名であり、研磨ダイヤモンドの輸出額はイスラエルの総輸出額の約4分の1を占めています。

イスラエルはダイヤモンド産業を政府主導で基幹産業へと発展させてきました。その産業の確立にはユダヤ系資本のデビアスが貢献しました。

また、倫理観的には疑問視されますが、イスラエルは、兵器産業にも注力し、経済に大きな影響を与えています。

高度な技術の民間転用がハイテク産業を急成長させ、また兵器の輸出が直接的な収入源でもあるのです。少し古いデータですが、2010年時点では兵器製造企業は約200社ほど存在しているそうです。

鉱業に目を向けると、イスラエルの鉱業を支えているのは、カリ塩とリン鉱石です。金属鉱物は採掘されていません。有機鉱物では亜炭、原油、天然ガスを産出するものの、国内消費量の1%未満に留まっています。

なお、天然ガスについては、イスラエル沖の東地中海に大規模ガス田が発見されており、ギリシャの企業が2019年にも採掘を始める計画であると見られています。

次のページ
人口増加がもたらしたテルアビブの現状 >



関連記事

編集部のおすすめ

イスラエル人が「好きなことをして生きる」を実現できる理由

真田幸光(愛知淑徳大学教授)

ケニアの子が全員「習近平」を知っている? 現地で見た中国企業の攻勢と日本企業の奮闘

真田幸光(愛知淑徳大教授)

加速するGAFAへの人材流出 「日本型雇用」が“日本人から”憎まれている現実

橘玲(たちばなあきら:作家)
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

アクセスランキング

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 経済 » GAFAも大注目する「イスラエル」“中東のシリコンバレー”の真の実力