ホーム » 社会 » 急増する「会社説明会に親が同伴」 就職活動に逆効果しかない“勘違いな過保護”

急増する「会社説明会に親が同伴」 就職活動に逆効果しかない“勘違いな過保護”



2019年12月16日 公開

竹内健登(就活コンサルタント)

 

親が絶対に「手を出してはいけない」領域

企業に対する親の接触

しかし、見ていただきたいデータがあります。

実は、就活のスクールを経営している立場として、今、多くの親御さんが実践されている就活への関わり方に、少し疑問を感じずにはいられない部分もあるのです。

図を見てください。このグラフは、株式会社アイデムが発表した、学生の保護者から問い合わせがあった企業の割合です。なんと企業の55.8%が、採用活動の中で、学生の保護者から直接問い合わせや接触を受けているそうです。

親御さんが直接企業の人事担当者に連絡を取る、というのは、一昔前には考えられなかったことではないでしょうか。

さらに、その連絡内容を見てみましょう。

「親の接触」が、人事担当者を困らせている

もっとも多いのが「合否結果への問い合わせ」、ついで「説明会や選考会場への同行・送迎」となっています。

「内定辞退の連絡」も4社に1社の割合で親御さんが入れているのだというから、驚きです。

いざ、自分の子どもの就活となったらかわいさと心配のあまり、ついつい手を出したくなってしまうのでしょう。しかし、就活は学生が独り立ちするための大切なステップです。

企業の人事担当者も、学生が無事に自社で一人前として活躍できるかどうかを見ています。

その大事な過程に親御さんが出てくるというのは、

「わが子は『就活力』がありません」

と、喧伝するようなもの。3つの評価軸(IQ、EQ、就活力)のうち1つを親御さんが代行してしまえば、企業が採用をためらう原因にこそなれ、お子さんにとってプラスに作用することはないはずです。

お伝えしたい「親御さんのサポート」は、このような過保護や過干渉ではありません。お子さんの影で、IQ、EQ、就活力を高められるように導くことです。

就職活動は、お子さんにとってはこれまでにない試練の一つです。しかし、それを乗り越えた先に、社会人としての未来が待っています。

ぜひ親子で、素晴らしい未来を切り開いていってください。



関連記事

編集部のおすすめ

「親は大学名だけで内定が取れると思っている」 子を苦しめる“バブル世代の感覚”

竹内健登(就活コンサルタント)

子の就職活動に「親がサポートが必要」な差し迫った“現代の事情”

竹内健登(就活コンサルタント)

“過保護”が原因で体重20kgにまで激減…娘を追い詰めた「母親の支配欲」

片田珠美(精神科医)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 社会 » 急増する「会社説明会に親が同伴」 就職活動に逆効果しかない“勘違いな過保護”

×