ホーム » スキルアップ » テレワークで「冷たい人」と勘違いされる“チャットの地雷”

テレワークで「冷たい人」と勘違いされる“チャットの地雷”



2020年06月06日 公開

稲員未来(いなかず・みく)

テレワークのチャットで壊れる人間関係(稲員未来)

「新しい生活様式」の一つの核であるテレワーク(リモートワーク)。新型コロナウイルスの感染の危険性が拭い去れない状況のなかでニーズはさらに高まっており、出社前提主義だった日本の企業社会に大きな変化をもたらしている。

ところが対面での仕事が当たり前だった環境が一変したことで、なれないリモートワークやオンラインミーティングに苦戦し、挙句の果てには意図していないのに相手に悪感情を与えてしまうことも。

本稿では、リモートワークの熟練者である稲員未来さんの新著『リモートワークで生きていく!』より、オンラインでも良好な人間関係を築くためのコツを説いた一節を紹介する。

※本稿は『リモートワークで生きていく!『リモートワークで生きていく! 〜リモート歴2年以上の私が教える完全ノウハウ』(インプレス刊)より一部抜粋・編集したものです

 

リモートワークになった瞬間に「冷たい人」と言われないように

リモートワーク環境では直接対面した状態でのコミュニケーションが取れません。代わりに、メールやチャットでのやりとりがほとんどになります。

しかし、テキストだけのコミュニケーションでは思った以上に感情が相手に伝わりづらいので、自分は別に怒っていないのに「なんだか冷たい……」と勘違いされてしまうこともあります。

また、LINEのように既読機能がついていないチャットツールもあるため、自分の送ったメッセージを相手がきちんと読んでくれたかどうかがわかりません。

こういったチャットやメール上のコミュニケーションを円滑に進めるためのチェックポイントをご紹介します。

 

メールやチャットにはとりあえず反応する

チャットには、いいねや絵文字、スタンプ等の機能があります。自分宛てのチャットが来たら、とりあえずそれらを押して反応しておきましょう。

メールの場合は「了解です。後でちゃんと返信します」など一言送ればいいと思います。

なんの反応もないと、連絡した相手は「見てるのかな?」「もしかして、なにか気に障るような内容だったのでは?」などと不安になります。

私の会社で使用しているチャットツールには「いいね!」機能があり、チャットを読んだら(たとえその内容に対していいね! と思わなかったとしても)「いいね!」を押しましょう、という社内ルールがあります。

また、反応する側にもメリットがあります。とりあえず反応しておくことで相手に与える印象が良くなりますし、反応したメールやチャットを貯めておいてまとめて返信すれば、メールやチャットにはりつく必要がなくなります。

次のページ
数回説明しても伝わらない場合の「最後の手段」 >



関連記事

編集部のおすすめ

テレワークで阿鼻叫喚!! 自宅で集中できない人に教える「在宅ワーク巧者の知恵」

PHPオンライン衆知編集部

「テレワークでは部下がサボる」と心配する上司が知らない"リモートの劇的効果”

倉貫義人(ソニックガーデン代表取締役社長CEO)

テレワークで発生する“後回し病”…「すぐやる人」になる魔法の言葉

石川和男
日本最大級の癒しイベント出展社募集中

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

日本最大級の癒しイベント出展社募集中
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » スキルアップ » テレワークで「冷たい人」と勘違いされる“チャットの地雷”