PHPオンライン衆知 » 経済 » ニトリが「お、ねだん以上」を実現できた、知られざる裏側

ニトリが「お、ねだん以上」を実現できた、知られざる裏側

2018年12月10日 公開

永井孝尚(マーケティング戦略コンサルタント)

コストを下げるための2つの戦略

安く売るためには、コストを下げることだ。

そこでニトリは、2つのことを徹底的に追求することにした。「規模の経済」と「経験曲線」だ。

規模の経済とは「たくさん作れば作るほどコストが下がる」という考え方だ。

なぜコストが下がるかというと、まず商品1個あたりの固定費が下がるからだ。

ニトリが工場を月100万円で借りて、家具を作るとしよう。この工場家賃の月100万円が固定費だ。

この工場で家具を月100個作れば、家具1個あたりの工場家賃(固定費)は1万円だ。しかし月1万個作れば、100円に下がる。このように家具をたくさん作れば作るほど、商品1個あたりの固定費が安くなり、コストが下がるのである。

さらに家具をたくさん作れば、仕入れ業者から原材料をたくさん買える。こうなると仕入れ業者はニトリを大切にするので、ニトリは原材料の値下げ交渉ができるようになる。

このようにたくさん作ることで様々なコストが下げられるのが、規模の経済だ。

もう1つの経験曲線とは、仕事の経験量が多いと習熟してコストが下がるということだ。

あなたも未経験の仕事をする時、たくさんの量をこなせばこなすほど、仕事のやり方がわかるようになり、要領よく仕事ができるという経験をしたことがあるはずだ。このように、その仕事の経験量が多いほど、効率がよくなり、コストが下がるのである。

たくさん作れば、コストは下がる

ニトリはまずは100店舗を目指し、さらに200店舗を達成。店舗数を増やせば顧客数も増えるので、規模の経済がより効果を発揮できるようになった。

店舗のスタイルも時代とともに変えた。銀座以外にも、新宿、上野、池袋などの百貨店にも出店している。

次のページ
ユニクロの服が「安いのに、それなりにおしゃれで長持ち」な理由 >

関連記事

編集部のおすすめ

メルカリCOOのひと言が気づかせてくれた「成長企業と衰退企業の差」

谷本有香(フォーブス・ジャパン副編集長)

大企業だけではない! 中小企業が続々とCSRを導入する理由

有馬利男 (国連グローバル・コンパクト ボードメンバー)

パワハラ? 指導? 体育会出身の若者を潰したクラッシャー上司の実例

松崎一葉(筑波大学医学医療系 産業精神医学・宇宙医学グループ教授)

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 経済 » ニトリが「お、ねだん以上」を実現できた、知られざる裏側

×