PHPオンライン衆知 » 生活・健康 » 夫の血糖値が300超え、動脈硬化まで! 妻が知らなかった「意外な食材」の効能

夫の血糖値が300超え、動脈硬化まで! 妻が知らなかった「意外な食材」の効能

2020年03月12日 公開

マルコ

 

糖尿病になってわかる「野菜」の重要性

野菜から先に食べるベジファーストが血糖値の上昇を抑えるという

そこで紹介します。私たちが実際に試してみてわかったこと、まずは食事から。

食事は何といっても基本は野菜。特に旬の野菜には、栄養素がたくさん含まれています。

食べ方のポイントは、「ベジファースト」! 聞いたことがある人も多いはずです。食事の際に野菜を最初に食べることによって、糖質や脂質の吸収を抑え、血糖値が上昇しにくくなります。

また、先に野菜をたくさん食べておくことで食べ過ぎを防ぎ、さらに繊維質が多いので腸内環境を整えることができます。

職場でランチやコンビニ食をするときには、主食とは別のメニューとして野菜サラダを食べることをおすすめします。ちなみに、サラダといってもポテトサラダやマカロニサラダなどは炭水化物(糖質)がかなり多いので避けるようにしましょう。

また外食の場合、基本的に塩分が高く、ご飯ものや麺類などの炭水化物主体の食事に偏りがちになります。

野菜が少なく栄養バランスもわかりづらくなりがち。丼ものや麺類は避け、定食でなるべくおかず数が多く、野菜がたくさん使われているものを選ぶようにします。

コンビニを利用する場合は、野菜サラダのほか、サバやサンマの水煮缶、サラダチキン、ゆで卵、チーズなど、低糖質のものを中心にメニューを組み立てると、ダイエット効果にもなります。

 

早食いは生活習慣病の元凶!

早食いは生活習慣病のもと

また、特に男性に多いのが早食いです。

実は、早食いは生活習慣病の元凶のひとつなんです。
食後血糖値が上昇しやすくなり、何より食べる量も多くなるので肥満も招きます。

早食い防止対策としては、「ひと口の量を減らす」「噛む回数を5回増やす」「歯ごたえのある食材を選ぶ」などの方法があります。

とにかくゆっくりしっかり噛んで食べることが大切です。さらにラーメンなどの場合は、汁を飲み干さないように。かなり塩分が高いので注意しましょう。

次のページ
良薬、口に苦し! 糖尿病の夫に選ぶ食材 >

関連記事

編集部のおすすめ

夫の咳が止まらない…原因はウイルスではなく「予想外の糖尿病」だった!

マルコ

糖尿病が引き起こした妻の悲劇…ワンオペ育児と夫の食事の用意、そして大ケガ

マルコ

「生死を左右する爆弾」を抱えてしまった夫…不摂生が次々と引き起こす"怖い病気"

マルコ

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

ザストリングス表参道にてダイヤモンド、宮殿、共鳴をベースに再誕しサインを得るワーク
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生活・健康 » 夫の血糖値が300超え、動脈硬化まで! 妻が知らなかった「意外な食材」の効能

×