ホーム » 生き方 » 「優越感に浸りたがる人」が悩み続ける”生きづらさ”

「優越感に浸りたがる人」が悩み続ける”生きづらさ”



2021年01月26日 公開

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

 

「優越すること」では、本当の“自信”は生まれてこない

自分の安全は、決して優越することによって保たれるのではない。このことが頭でも感情でもわかるまでには時間がかかる。まず世界は自分にとって今まで感じていたほど敵対的なものではないとわかることが必要である。

過去に侮辱された屈辱感なしに「俺は金をもつんだ!地位を得るんだ!」と叫ぶ人は、いないのではなかろうか。

人が成功を望む時、ともすると成功によって人々に受け入れてもらおうとする場合が多い。だからこそ、他人から拒否された時、人は時には激しく「権力を望む」「お金を望む」「出世したいと願う」ものだ。

「出世するんだ!地位を得るんだ!金を握るんだ!」と叫ぶ人間は、たいていそのあとに、「そして復讐するのだ!」とつづくのではないだろうか。

しかし、自分が他人に受け入れられる理由は、社会的位置によってではなく、内面の豊かさによってだ――そう感じられるとこわいものがなくなってくる。

「自分は成功しても、たとえ失敗しても受け入れてもらえるのだ」という感じ方が実際にできた時に、まず伸び伸びとした自信が生まれてくる。そして、その安心感が基礎になって「よーし、やるぞ!」という強烈な意欲がわいてくるのだ。

 



関連記事

編集部のおすすめ

「他人の話に耳を貸さない人」が苦しみ続ける“消えない不安”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「すぐに不機嫌になる人」が心の奥底で恐れている"孤独感”

加藤諦三(早稲田大学名誉教授、ハーヴァード大学ライシャワー研究所客員研究員)

「いつもマウントをとりたがる人」が恐怖しているものの“正体”

石川幹人(明治大学教授)

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ

WEB特別企画<PR>

アクセスランキング

WEB特別企画<PR>

2月開催!!ハッピーウーマンオンラインセミナーシリーズ-Dr.クリスティンペイジ
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

ホーム » 生き方 » 「優越感に浸りたがる人」が悩み続ける”生きづらさ”

×